(大阪市北区) 更新:2016年5月(13)
(ぞうへいきょく) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

1.御室有明
【御室有明】(おむろありあけ) 京都御室の仁和寺にある代表的な里桜で、足もとから淡桃白色の花が咲き、低木状をなしている。一重八重の優秀な品種です。
2.貴船雲珠桜
【貴船雲珠桜】(きぶねうずざくら) 京都洛北の貴船にある雲珠桜で、明治初年鞍馬寺から拝領したものと伝えられています。一重で淡紅色の清楚な桜です。
3.御車返
【御車返】(みくるまがえし) 大島桜系の里桜で、昔、この桜の花が一重か八重かを確かめるため、車を引き返したという故事に因みます。花弁数は5枚と6〜8枚の花がまざります。
4.山越紫
【山越紫】(やまこしむらさき) 典型的な山桜系の桜で、花は濃紅色の一重です。
5.衣笠
【衣笠】(きねがさ) 京都平野神社にあった一重桜で、花は淡紅色です。神社の後方には衣笠山と呼ばれる山があり、発祥地との説もあります。
6.奈良八重桜
【奈良八重桜】(ならやえざくら) 日本最も古くからある八重桜で、昔より歌にも詠まれいる有名な桜です。花は淡紅色で、開花が進むにつれ白色となり、花弁数は20〜50枚あります。
7.作並山
【作並山】(さくなみやま) 淡紅色の八重咲き。花期は4月下旬とかなり遅い。
8.萬里香
【萬里香】(ばんりこう) 東京荒川堤にあった桜で、香りが良いのでこの名が付けられました。花弁数は20〜25枚です。 
9.類嵐
【類嵐】(たぐいあらし) 東京荒川堤にあった桜で、花は白色の一重で、花弁数は5枚ほどです。(これまで品種不明として調査中であったところ、新種であったことが判明しました。)
10.白雪
【白雪】(しらゆき) 東京荒川堤にあった里桜系の名花で、花は白色の一重で、花付きが多い優美な品種です。
11.芝山
【芝山】(しばやま) 東京荒川堤にあった一重の桜で、つぼみは極淡桃色で、開花後白色となり少し香りがあります。
12.佐野桜
【佐野桜】(さのざくら) 京都の佐野園において、山桜の実生約1万本中より八重の優秀な花が咲いたので、牧野富太郎博士がこの桜を佐野桜と命名した。花は開花が進むと白色になります。
心田
【心田】(しんでん) 京都嵯峨野の天龍寺にある塔頭慈済院の玄関脇の桜で、御所の御車返の一種です。慈済院の管主稲葉心田の名前から、この名が付けられました。
名称 : 造幣局の桜の通り抜け (7)
所在地 : 大阪市北区天満1-1-79 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/4/8、14 大阪造幣局マップ
指定 : なし
アクセス : 京阪電車・地下鉄谷町線の「天満橋駅」で下車、徒歩5分。
今年も又大阪造幣局の桜の通り抜けに公開初日と最終日に行ってきました。今年も暖冬で、4月8日の公開でしたが、すでに葉桜や散りかけの桜も多くありました。今年(2016年)の桜は「牡丹」(ぼたん)でした。
 今年新に追加されたのは「類嵐」という品種。今まで品種不明でしたが、ようやく判明しました。ところが咲いている場所が構内の東北隅。植え込みの奥で構内からは花が見えません。北出口から外に出て国道1号線沿いの歩道から写すことにしましたが、もうかなり花が散っていましたので、再度挑戦したい思います。
 まだ花が写せなかったり、「心田」のように散りかけの品種もありますので、来年も又行きます。

造幣局の桜の通り抜け
  (1)  (2)  (3)  (4) (5) (6) (7)

造幣局の桜の通り抜けの桜樹リスト

(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(奈良公園の奈良八重桜 (上社の牛頭夫婦楠)
     
大阪府  サクラ   新日本名木100選
   
No.1231