(奈良県奈良市) 更新:2009年4月(4)
(ひむろ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

氷室神社の枝垂れ桜
樹種/エドヒガン系里桜(春日野の在来種)、樹齢/約400年、通称「奈良一番桜」。
氷室神社の枝垂れ桜
奈良の春を告げる枝垂れ桜です。
氷室神社の枝垂れ桜
氷室神社の枝垂れ桜
名称 : 氷室神社の枝垂れ桜
所在地 : 奈良県奈良市春日野町1-4 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2009/3/29 氷室神社マップ
指定 : なし
アクセス : 近鉄奈良奈良駅から東に約800m、徒歩約10分。市内循環バスで約5〜10分、氷室神社・国立博物館前にて下車すぐ
氷室神社の祭神は大鷦鷯命(おおささぎのみこと)他二神。平城京の昔から氷の神様をお祭りしていて、毎年5月1日には献氷祭という、鯉と鯛を封じ込めた高さ1メートルほどの氷柱が神前に供えられるお祭りがあります。「氷室」(ひむろ)とは、昔氷を夏まで貯蔵しておくために、特別に設けられた室(むろ)や、山陰の穴のことをいいます。
 氷室神社は奈良遷都とともに創始された古社で、この枝垂れ桜は奈良では最も早く咲く桜として有名です。近鉄奈良駅から東大寺大仏殿に行く大通りの左手に氷室神社があり、興福寺・春日大社にも近く、丁度満開のこともあって多くの人々が枝垂れ桜を見に来ていました。開花情報は氷室神社のHPで見ることができます。
 春日大社には当HPでも紹介しているように、砂ずりの藤若宮大楠イチイガシ参道のムクロジ水谷神社のイブキ社頭の大杉など巨樹と花の見所がたっぷり。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(室生龍穴神社のスギ) (上賀茂神社の斎王桜と御所桜)
     
奈良県 サクラ 新日本名木100選
     
No.222