(奈良県奈良市) 更新:2010年10月(6)
(みずやじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

水谷神社のイブキ(ビャクシン)
イブキの横にある説明板では、幹周/6.55m、樹高/12.5m。「イブキ」は「ビャクシン」ともいわれます。
水谷神社のイブキ(ビャクシン)
水谷神社は春日大社の摂社で、若草山から春日大社に至る参道にあるため、ひっきりなしに観光客が通ります。
水谷神社のイブキ
狭い所にそびえているので広角レンズで撮りました。先端は枯死しており、全体的にもほとんど葉がない状況。
水谷神社のイブキ
水谷神社のイブキと子授石 水谷神社のイブキ説明板
(上)水谷神社のイブキ(ビャクシン)の説明板。

(左)写真の左端に「子授石」が見えます。

春日大社宝物館前のケヤキ 春日大社宝物館前のケヤキ
(左)宝物館前のケヤキの巨樹。
 幹周/4.86m、樹高/16m。幹は空洞化しており、
 主幹も途中で折れて痛々しい。

(上)宝物館前のケヤキの説明板
名称 : 水谷神社のイブキ
春日大社の所在地 : 奈良市春日野町160 (水谷神社) ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2010/9/11
指定 : なし
アクセス : 近鉄奈良線・奈良駅下車、東に徒歩20分。
春日大社から北に若草山を目指していくと、水谷川を背にして春日大社摂社の「水谷(みずや)神社」が南向きに鎮座しています。ご祭神は、素盞鳴命、大巳貴命(おおなむちのみこと)、奇稲田姫命です。社殿前には「子授石」があり、清い布で拭き清めると子宝を授けてくれると云われています。
 「水谷神社のイブキ」(ビャクシンともいう)は、神社瑞垣から大きく参道にせり出しています。イブキの幹は空洞になっており、そこからスギが立ち、イブキの幹がスギを抱え込むようになっています。この不思議な関係のイブキとスギは古くから「水谷神社の宿生木(やどりぎ)」と呼ばれています。
 このホームページでは春日大社周辺の巨樹などを、「砂ずりの藤」、「若宮大楠」、「イチイガシの巨樹群」、「参道のムクロジ」、「社頭の大杉」として紹介していますのでご覧ください。奈良公園の巨樹訪問の際には、奈良市観光協会が作成した「奈良公園の巨樹」をダウンロードしてプリント片手に巨樹を巡って下さい。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(春日大社参道のムクロジ) (吐山の左巻カヤ)
     
奈良県 ビャクシン 新日本名木100選
     
No.399