春日大社・若宮大楠  (奈良県奈良市) 更新:2008年9月(10)
(わかみやのおおくす)   巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

春日大社・若宮大楠
春日大社の摂社・若宮神社の大楠。楠の前にある説明板では、幹周/11.46m、樹高/24m。
春日大社・若宮大楠
若宮神社へ上る石段から撮った写真。大楠の前には多くの石灯籠が並び、カメラアングルが限られます。
若宮大楠 若宮大楠
若宮神社と若宮大楠 春日大社・若宮大楠説明板
春日大社南門前を進むと左に若宮神社、右に大楠が見えます。  ●「若宮大楠」の説明板。

春日大社境内の大杉 春日大社境内の大杉
二の鳥居付近の大杉で、上の方の枝はほとんど枯れています。幹周/6.5m、樹高/17m。
 河瀬直美監督が出ているユニクロのCMに登場します。(2015/1/29)
名称 : 若宮大楠
所在地 : 奈良県奈良市春日野町160 (若宮大楠) ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/11/3 春日若宮神社マップ
指定 : 世界遺産(春日大社)
アクセス : 近鉄奈良駅から東に徒歩25分の春日大社境内。
若宮神社は、春日大社の摂社の一つで、水の神 天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)を祀ります。有名な「おん祭」は、平安時代末期に関白・藤原忠通が、若宮の神に五穀豊穣を祈る祭りを行ったのが始まりです。以来800年以上も続けられている伝統の行事で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。おん祭りは毎年12月15日〜18日に行われます。
 「若宮大楠」は春日大社南門から東に石灯籠が並ぶ参道を100mほど行くと神社に上る石段の右手にあります。石灯籠の背後に苔むした巨木が参道に覆い被さって聳えます。奈良県では最も幹周が大きい巨樹とされています。神功皇后のお手植えと伝えられている事からすれば樹齢は伝承1800年となりますが。
 大楠は大雪などのため多くの大枝を失っており、根元には空洞も見られます。左へ大きく伸びた大枝は地上近くにまで達し、そこから上に伸びていて、少し奇怪な印象を与えています。また5月の連休シーズンは春日大社本殿前の「砂ずりの藤」が見頃です。その他に春日大社境内の「イチイガシ巨樹群」、「参道のムクロジ」、「水谷神社のイブキ」、「社頭の大杉」を紹介しています。巨樹訪問の際は、ぜひ奈良市観光協会が作成した「奈良公園の巨樹」をダウンロードし、プリント片手に巨樹を巡って下さい。
(HP管理者)
若宮大楠の近くには春日大社では最も太い大杉があります。最近奈良在住の女性映画監督・河瀬直美さんが出演しているユニクロのCMで背景として登場し、圧倒的な大きさを見せています。春日の森の香りがするCMです。(2015/01/29追記)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(岩尾池の一本杉) (愛宕神社の大スギ)
     
奈良県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.148