(京都市左京区) 更新:2015年5月(6)
(ふりつしょくぶつえん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

泰山府君
【泰山府君】(たいざんふくん) ヤマザクラ×シナミザクラとされるが気根が見られないなど疑問も多い。東京・荒川堤から広まった品種です。
鬱金
【鬱金】(うこん) ショウガ科のウコンで染めたような花弁色から命名されました。黄桜、黄金桜、浅黄桜などの別名もあります。
鞍馬関山
【鞍馬関山】(」くらまかんざん) 関山に酷似していますが、関山に比べて葉が多く、花は濃い紅紫色です。
上匂
【上匂】(じょうにおい) 花弁数5〜10枚。匂桜の中でも香りが強く、開花期はやや遅い。
麒麟
【麒麟】(きりん) 荒川堤由来の品種で、がく裂片が船底系で外側に凹凸が多く、顕著な鋸歯があります。
カスミザクラ
【カスミザクラ】(霞桜) 北海道、本州、九州、朝鮮半島、中国に分布する桜の野生種です。
高台寺
【高台寺】(こうだいじ) 原木は京都市東山区の高台寺にあります。
渦桜
【渦桜】(うずざくら) 明治期の荒川堤から広まったサトザクラで、20〜30枚の花弁が渦を巻くように咲くことからこの名がつきました。
小汐山
【小汐山】(こしおやま)※ 小塩山とも表記します。京都西山の小塩山が由来という説もありますが、三好学は荒川堤の個体で記載しています。
薄墨
【薄墨】(うすずみ)※ 明治期の荒川堤に由来するサトザクラで、白色の花と黒っぽい枝の色合いから命名されました。
一葉
【一葉】(いちよう)※ 花は淡紅色の八重咲きで、雌しべが葉化するのでこの名がつきました。サトザクラの中ではよく植えられる品種です。
咲耶姫
【咲耶姫】(さくやひめ)※ 伊豆半島に植栽されていた染井吉野の実生から、竹中要氏が選抜した栽培品種で、花弁数は10枚以上の八重咲きです。
御室有明
【御室有明】(おむろありあけ)※ 京都市右京区の仁和寺に栽培されている品種で、花弁数は5〜10枚です。がく裂片下部に鋸歯があります。
平野匂
【平野匂】(ひらのにおい)※ 平野神社に由来するとされる匂桜。詳細は不明です。
ミドリザクラ
【ミドリザクラ】(緑桜)※ マメザクラ系で御殿場の高沢二郎氏が発見した品種です。花は純白の一重咲きの小輪で、萼が緑色であるほかはマメザクラと同じ。
朱雀
【朱雀】(すざく)※ 楕円形の花弁は淡紅紫色で、正常な1本の雌しべが雄しべより少し突き出ます。細長いがく筒の中央部が僅かに括れることが特徴で、荒川堤から広まりました。
佐野桜
【佐野桜】(さのざくら)※ 佐野藤右衛門が広沢池の実生ヤマザクラから選抜した品種で、牧野富太郎博士が命名。
名称 : 京都府立植物園の桜 (3)
所在地 : 京都市左京区下鴨半木町 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/4/8(※)、4/16 京都府立植物園マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 市営地下鉄烏丸線・北山駅下車すぐ 。
京都府立植物園に晩春に咲くサトザクラを見に4月16日今年3度目の訪問をしました。前回ほどの人出ではありませんが、平日にもかかわらず多くの観光客が来ています。特に中国人の方が団体で来ていましたが、この時期京都で多くの桜を見るにはここしかないかも知れません。あとは「千本ゑんま堂の普賢象桜」ぐらいかも。もちろん植物園の後で訪問しましたよ。
 京都府立植物園のあるこのあたりは、明治までは半木神社の境内とその鎮守の森、及び田園地帯だったそうです。半木神社は現在も園内に残されており、園の北部分はその鎮守の森が基本になっているそうです。
 ただ園内が広く、桜も広範囲に植えてあるので、お目当ての桜を探すのが大変です。日没などの時間の関係もあり、大芝生の南側の桜は撮り損ねてしまいました。再挑戦しないと。京都府立植物園の桜を(1)〜(6)に分けて紹介しています。

京都府立植物園の桜 (1) (2) (3) (4) (5) (6)

(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(京都府立植物園の桜・2) (千本ゑんま堂の普賢象桜)
     
京都府  サクラ   新日本名木100選
     
No.1019