(京都市上京区)
(きょうとぎょえん このえていあと) 更新:2007年3月(3)
巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

京都御苑・近衛邸跡の枝垂れ桜
「近衛邸跡の枝垂れ桜」は、広大な京都御苑の北西側にあり旧近衛邸の跡地にあります。
京都御苑・近衛邸跡の枝垂れ桜
枝垂れ桜の大木が約30本植わっています。御苑で一番早く咲き始める桜ですが、約1ヶ月にわたり楽しめます。
京都御苑・近衛邸跡の枝垂れ桜
京都御苑・近衛邸跡の枝垂れ桜

枝垂れ桜の向こうの塀は京都御所の外塀です。
京都御苑・近衛邸跡の枝垂れ桜
近衛邸跡枝垂桜
苑池に映る枝垂桜。ソメイヨシノよりも早く咲く枝垂れ桜です。(※2015/3/27撮影)
名称 : 京都御苑・近衛邸跡の枝垂れ桜
京都御所の所在地 : 京都市上京区京都御苑内 (近衛邸跡) ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2005/4/16、2015/03/27(※) 京都御苑マップ
指定 : 区民誇りの木
アクセス : 市営地下鉄烏丸線・今出川駅下車、徒歩5分
平安神宮の紅枝垂桜を見た帰りに京都御苑内の近衛邸跡の枝垂れ桜に立ち寄りました。ここも丁度満開で素晴らしい枝垂れ桜を満喫できました。京都桜巡りのひとつにぜひ立ち寄って欲しい桜の名所です。
 京都御苑は、明治2年の東京遷都で御所周辺の公家の邸宅が荒廃したので、1883年(明治16年)に公園として生まれ変わりました。現在は国民公園として一般公開されていますが、樹木が多く残されており、京都市内にあって貴重な緑の空間となっています。
 近衛家は五摂家の一つで公家では最高の家柄でした。このシダレザクラは「糸桜」と呼ばれており、近衛邸が現在の同志社大学の場所にあった頃から有名な桜でした。
 また広大な御苑には巨樹も数多くありますので、紹介したいと思います。(凝華洞跡のイチョウ清水谷家の椋宗像神社の楠を掲載しています。)
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(仏隆寺の千年桜) (大念仏寺のクス)
     
京都府 サクラ 新日本名木100選
     
No.64