(大阪市平野区) 更新:2007年3月(4)
(だいねんぶつじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

大念仏寺の楠
大阪市の保存樹に指定されたクスノキは、大念仏寺の境内北側にあり、市のデータでは、幹周/6.8m、樹高/18.9m。
 地上から約3mのところに瘤(こぶ)があります。
大念仏寺の楠
大念仏寺の楠の遠景。住宅地の中にありますが、かっての平野郷の風情を伝える貴重な巨樹です。
大念仏寺本堂

(上)大念仏寺の本堂。府下最大の木造建築です。

(右)楠の根元の写真です。小さな祠があります。
大念仏寺の楠
名称 : 大念仏寺の楠
所在地 : 大阪市平野区平野上町1-7-26 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2005/10/16 大念仏寺マップ
指定 : 大阪市指定保存樹 (S43年10月1日指定)
アクセス : JR大和路線・平野駅から南に徒歩5分。または、市営地下鉄谷町線・平野駅から北に徒歩8分。
大念仏寺は融通念仏宗の大本山で、大治2年(1127年)鳥羽上皇の勅願により良忍(りょうにん)上人が開基したと伝えられています。毎年5月1日〜5日に行われる「万部おねり」は有名な宗教行事で、10人(特別な年は25人)の菩薩の面・衣装を着けた僧侶が練り供養をします。
 大クスはお寺に北端にあり余り目立ちませんが、大きく枝を広げた大樹です。このクスの他に、クス2本とイチョウ1本が大阪市保存樹に指定されています。
 中世から近世にかけての環濠自治都市として有名な平野郷は、日本の初代征夷大将軍・坂上田村麻呂の次子広野が開発・管轄したところで、杭全神社をはじめかっての平野郷の風土・景観が各所に残ります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(京都御所・近衛邸跡の枝垂れ桜) (葛飾八幡宮の千本イチョウ)
     
大阪府 クスノキ 新日本名木100選
 
No.65