(和歌山県那智勝浦町) 更新:2016年1月(4)
(だいもんざか) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

大門坂の夫婦杉
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/8.20m、樹高/39mと幹周/8.21m、樹高/36m。
大門坂の夫婦杉
石畳の上から見る夫婦杉。次々と観光客が登ってきます。
大門坂の夫婦杉
両株共になかなか荒々しい枝ぶりをしていますね。樹高も共に40m近くあります。
大門坂の夫婦杉(南株)
南株で、幹の根張りは立派です。
大門坂の夫婦杉(北株)
北株です。
大門坂の夫婦杉
これは南株です。後ろが北株。
大門坂入口 大門坂入口。
 夫婦杉の梢が
 見えます。
大門坂石碑 夫婦杉
大門坂入口に立つ「大門坂」の石碑  ●夫婦杉(樹齢八〇〇年)
名称 : 大門坂の夫婦杉
所在地 : 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/19 大門坂の夫婦杉マップ
指定 : 和歌山県指定天然記念物 (S33年4月1日指定)
アクセス : JR紀勢本線・紀伊勝浦から「那智山」行き熊野交通バスで「大門坂」下車、約200m、徒歩5分。 【車】国道42号線・那智臨海交差点を山側に折れ、県道43号を北西に約5km。大門坂駐車場に駐車(無料)し、徒歩10分ほど(450m)。
大門坂駐車場に車を置き、少し県道を登った所にある大門坂入口から熊野古道に入ります。俗界と聖域を振り分けることから名が付いたという赤い欄干の「振ヶ瀬橋(ふりがせばし)」を渡るといよいよ大門坂が始まります。するとすぐに「夫婦杉」が現れます。
 現在は舗装道路が熊野那智大社の前まで通じていますが、かってはこの大門坂杉並木の道が表参道でした。その大門坂入口に仁王様のようにそびえているのがこの夫婦杉です。共に幹周8メートルを超す巨樹で、樹高も40m近くになり、枝振りも荒々しくそびえます。
 多くの観光客はこの夫婦杉と大楠を見て、そのすぐ上の舗装道路との接合点で観光バスに乗り那智大社に行ってしまいます。しかし巨樹ファンとしては杉並木を見逃す手はありません。写真を撮りながら約1時間を掛けて登りました。”ああしんどかった。”
 夫婦杉のすぐ上に「大楠」、そこから「旧参道の杉並木」が始まり、「那智の樟」「青岸渡寺のタブノキ」と巨樹のオンパレードです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(速玉大社のオガタマノキ) (大門坂の大楠)
     
和歌山県  ス ギ   新日本名木100選
     
No.1137