(和歌山県新宮市) 更新:2016年1月(3)
(はやたまたいしゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

速玉大社のオガタマノキ
境内の説明板によれば、幹周/1.65m、樹高/21m。推定樹齢/1100年。
速玉大社のオガタマノキ
オガタマノキの後方に神門が見えます。
速玉大社のオガタマノキ
オガタマノキと熊野速玉大社の朱塗りの社殿。
速玉大社のオガタマノキ
速玉大社のオガタマノキ
オガタマノキとしては全国でも大きい部類です。
説明板 説明板
熊野速玉大社 社殿
名称 : 速玉大社のオガタマノキ
所在地 : 和歌山県新宮市新宮1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/19 熊野速玉大社マップ
指定 : 新宮市指定天然記念物 (S39年6月8日指定)
アクセス : JR紀勢本線・新宮駅から1.2km、徒歩15分。 【車】国道42号線・速玉大社前交差点から西に250m行くと駐車場があります。
熊野速玉大社は田辺市の熊野本宮大社、那智勝浦町の熊野那智大社とともに熊野三山の一つで、熊野信仰の聖地として古来より多くの参詣客を集めていました。熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)を主祭神とします。
 もともとは、速玉大社から南に約1kmほどの所にある神倉山に祀られていたのですが、のちの景行天皇58年に現在地に遷され、そのため神倉山の古宮に対し、ここを新宮と呼ぶようになったといいます。
 御神木のナギの木のある参道から神門を入ると朱塗りの美しい社殿が5棟並んでいます。お参りをしてから南西端にあるオガタマノキを見に行きました。オガタマノキは「招霊木」と書くように神社のご神木として植えられることが多いようです。速玉大社のオガタマノキは幹周1.65mですが、この地方でも珍しい大樹で市天然記念物に指定されています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(熊野速玉大社のナギ) (大門坂の夫婦杉)
     
和歌山県  オガタマノキ   新日本名木100選
     
No.1136