善光寺のくす  (大阪府八尾市) 更新:2010年1月(9)
(ぜんこうじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

善光寺のくす
幹周/6.60m、樹高/29.5m。狭い善光寺の境内いっぱいに枝を繁らせています。
八尾市・善光寺のくす
生駒山の西山麓に善光寺はあります。近くを東高野街道(旧国道170号線)が通ります。
善光寺のくす 善光寺のくす
名称 : 善光寺のくす
所在地 : 大阪府八尾市垣内4-41 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2010/1/9、2005/1/29 善光寺(八尾市)マップ
指定 : 大阪府指定天然記念物 (S45年2月20日指定)
アクセス : 近鉄大阪線・高安駅で下車し東へ歩き、外環状線、旧国道170号線を横断し約1.5km。
八尾市にある不断山善光寺は元善光寺とも称し、融通念仏宗の寺院です。大阪市平野区の大念仏寺の末寺で、弥陀三尊仏を本尊としています。信濃善光寺を造った本田善光が難波の堀江にて物部氏によりうち捨てられていた仏像を拾い、そのお告げで信濃に帰る途中にこの地に一泊したのが縁で、翌年再度この地を訪れて寺を建立したことに始まると伝えられています。
 境内にある大クスは、本田善光が信濃に帰ってから再び垣内に来た時、その時ついてきた杖をここに突きさしたのが、芽を出して大きくなったものとの伝説があります。
 八尾市には、大阪府の天然記念物に指定されたクスノキがこの大クスをはじめ3本(善光寺のくす、渋川神社のくす玉祖神社のくす)あります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(林野神社のケヤキとイチョウ) (堂ヶ山神明社の大樟)
     
大阪府 クスノキ 新日本名木100選
     
No.317