(東京都世田谷区) 更新:2012年8月(4)
(たまがわ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

玉川神社のとっくりクス
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/4. 65m、樹高/14m。
玉川神社のとっくりクス
クスノキに時々見られる下ぶくれの巨樹です。中年太りのようでかっこはよくないけど。
玉川神社のとっくりクス
クスノキの前には「名木百選」のプレートが。
玉川神社社殿 玉川神社の社殿
名称 : 玉川神社のとっくりクス
所在地 : 東京都世田谷区等々力3-27-7 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2012/7/10 玉川神社マップ
指定 : 世田谷区名木百選
アクセス : 東急大井町線・等々力駅で下車、北に徒歩約5分。
玉川神社は目黒通りに面していて、石段を登ると右手に「とっくりクス」が目に入ります。創建に関しては不詳ですが、元は熊野社と称していました。文亀年間(1501〜04)に世田谷城主の吉良頼康が紀州熊野より勧請したと伝えられています。明治40年(1907年)近くの神明社などを合祀し、社号を地名に因んで玉川神社と改称しました。
 とっくりクスは環境省の調査では都内で第5位の幹周を誇り、世田谷区の名木百選にも選ばれています。全国にはこのような下ぶくれの楠は結構あり、このサイト内でも何本か紹介しています。
 下ぶくれの楠については、名古屋市の「村上社のクスノキ」、豊田市の「八柱神社の樟」、和歌山県紀の川市の「大神社のクスノキ」を見て下さい。なぜこのように下ぶくれのになるのかはよく分かっていません。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(楠永神社の楠) (善養寺の大カヤ)
     
東京都  クスノキ   新日本名木100選
     
No.552