(名古屋市南区 更新:2008年5月(5)
(むらかみしゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

村上社のクスノキ
説明板では、根回り/13.2m、幹周/10.8m、樹高/約20m、樹齢/約1000年。環境庁DBでは、幹周は6.67m。
村上社のクスノキ
クスノキが祭神となっています。鎌倉街道が通り、かっては対岸の野並・古鳴海の渡船場で、舟人の目標であったそうです。
村上社のクスノキ
根元が下ぶくれ状に肥大化しています。幹周をどこで測るかで大きく値が違ってきます。
村上社のクスノキ
一部に修復の跡があります。
村上社のクスノキ
名称 : 村上社のクスノキ
所在地 : 名古屋市南区楠町17 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2008/1/26 村上社マップ
指定 : 名古屋市指定天然記念物 (S62年6月12日指定)
アクセス : 市営地下鉄・桜通線「鶴里」駅から南西に約400m、徒歩10分。
名古屋市営地下鉄の鶴里駅から南西に歩き、住宅街の中の道をたどると「村上社のクスノキ」に辿り着きます。かっては八幡神社があったのですが、大クスの保護のために移転したそうです。今はこのクスノキのみの占有地となっており、小さな祠があるのみ。
 クスノキは根元がお椀を伏せたようにふくらんでおり、そこから四方に大枝を出しています。裏に回ると一部修復の跡がありますが元気に葉を茂らせています。
 ここには高市黒人(たけちのくろひと)の万葉歌碑が建てられているそうです。(見るのを忘れました) 碑の刻文は、有名な「桜田へ たづなきわたる あゆちがた しおひにけらし たづなきわたる」で、あゆちがた(年魚市潟)は愛知という県名の元となったといいます。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(名古屋城のカヤ) (大田の大樟)
     
愛知県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.124