案内神社の大クス  (徳島県阿波市) 更新:2011年6月(7)
(あんないじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

案内神社の大クス
現地説明板では、幹周/7.85m、樹高/40m、樹齢/推定500年。樹冠は東西39m、南北37m。
案内神社の大クス
境内外から写しました。大きな樹冠が特徴です。
案内神社の大クス
案内神社の大クス
案内神社社殿 案内神社の大クス・説明板
案内神社の社殿  ●案内神社の大クス・説明板
名称 : 案内神社の大クス
所在地 : 徳島県阿波市吉野町柿原字シノ原337 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2011/30 案内神社マップ
指定 : 徳島県指定天然記念物 (S33年7月18日)
アクセス : JR徳島線・鴨島駅で下車、タクシーで10分
徳島県にはクスノキの巨樹が目白押しですが、「案内神社の大クス」はその中でも巨大で、「壇の大クス」などと並んで県の天然記念物に指定されています。非常に大きな樹冠を持ち、樹齢も500年といわれています。
 案内神社は徳島自動車道の土成ICから国道316号線を南に、県道12号線(撫養街道ともいう)の交差点をこえて500mほどで右に折れると鳥居が見えます。案内神社の祭神は猿田彦神とも藤原親家ともいわれるそうです。近くには「王子大権現のクスノキ」があるように、吉野川流域には多くの大樟が点在しており、訪問できた幾つかの大クスを紹介していますので、都道府県別のリストで徳島県を選んで見て下さい。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(春日神社のスダジイ林) (国都神社のムクノキ)
 
徳島県 クスノキ 新日本名木100選 
     
No.460