(奈良県桜井市)
(はつせ) 更新:2005年3月
巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

初瀬のイチョウの巨樹
奈良県桜井市の名刹・長谷寺のすぐそばにある素盞雄(すさのお)神社の「初瀬のイチョウの巨樹」です。
 幹周/7.15m、樹高/約40mで奈良県指定天然記念物です。
初瀬のイチョウの巨樹(全景) 初瀬のイチョウの巨樹3
「初瀬のイチョウの巨樹」の全景。 小さな素盞雄神社の大イチョウ
初瀬のイチョウの巨樹
秋の快晴の日、川向かいの長谷寺は紅葉を見に来る人でいっぱい。でも素盞雄神社には誰もいません。
初瀬のイチョウの巨樹
長谷寺の天狗杉
  ●長谷寺の有名な登廊脇にそびえる天狗杉。幹周/約4m。
長谷寺の天狗杉2 長谷寺の天狗杉
天狗杉の全景
2004年10月に国宝に指定されたばかりの本堂と天狗杉。
長谷寺の天狗杉4
本堂から見る長谷寺と天狗杉※
長谷寺の二本杉
長谷寺の二本の杉、謡曲「玉鬘」の舞台となったことで有名です。(★)
名称 : 初瀬のイチョウの巨樹、長谷寺の天狗杉
素盞雄神社の所在地 : 奈良県桜井市初瀬79
長谷寺の所在地 : 奈良県桜井市初瀬731-1
○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2004/11/23 、2002/5/3※、2015/3/17★ 長谷寺マップ
指定 : 奈良県指定天然記念物
      (初瀬のイチョウの巨樹:S49年3月26日指定)
     長谷寺の天狗杉は無指定
アクセス : 近鉄大阪線・長谷寺駅下車、北に徒歩15分。
2004年の秋、「葛城一言主神社のイチョウ」に続いて、奈良県で最大のイチョウの巨樹である素盞雄(すさのお)神社の「初瀬のイチョウの巨樹」を見に行きました。
 素盞雄神社は、西国三十三ヶ所第八番札所として、またボタンの名所でも有名な長谷寺のすぐ川向かいに位置していますが、長谷寺に向かう人は多くても、素盞雄神社には誰もいません。ゆっくりと最高に黄葉したイチョウの巨樹を鑑賞できました。幹周りが7.15mもある巨樹ですが、環境庁の1988年の巨樹・巨木林調査からは漏れたようです。奈良県のイチョウでは最大の幹周を誇ります。
 そして長谷寺の天狗杉を撮りに行きました。以前(2002年5月)にもボタンを撮りにきましたが、長谷寺は四季にわたり色々な花が楽しめます。春は桜、初夏はボタン、シャクナゲ、夏はアジサイ、秋は紅葉と。
 イチョウはイチョウ科イチョウで1属1種しかありません。1億5千万年前の中生代(恐竜時代)に栄えた植物で、氷河期にほとんど絶滅していたのですが、中国にかろうじて生き残っていた1種類が日本に渡来して広まりました。まさに「生きている化石」です。公害や害虫に強く、街路樹や寺社に多く見られ、大阪市御堂筋のイチョウ並木は有名です。
 2015年3月には長谷寺参道にある與喜天満神社御旅所の紅梅を訪ねました。その時に長谷寺を再訪し「二本の杉」を訪問しました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(神前の大クス) (東福寺と大徳寺のイブキ)
     
奈良県 イチョウ    ス ギ 新日本名木100選
     
No.14