(兵庫県淡路市)  更新:2014年12月(12)
(みょうきょうじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

妙京寺の楠
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/4.20m、樹高/22m。
妙京寺の楠
妙京寺の楠
ご住職のお話ではクスノキに寄生して生えている植物(写真右側)はウバメガシとのこと。
妙京寺の楠
山門の左、塀の上に大きく主幹を伸ばしています。
妙京寺本堂と神社 本堂と神社が
 並んでいます。
名称 : 妙京寺の楠
所在地 : 兵庫県淡路市中村126 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/9/26 妙京寺マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 【車】神戸淡路鳴門道・津名一宮ICより県道66号を北西に約5分。一宮中学校の手前を左折し150mで山門前にでます。駐車場があります。
妙京寺は法華宗本門流の寺院ですが、四カ所ある大本山のうち有名なのが本能寺の変で名高い京都の本能寺で、当サイトでは境内にある「本能寺の火伏せのイチョウ」を紹介しています。
 妙京寺は近くにある伊弉諾(いざなぎ)神宮の別当寺であったそうで、奈良時代に淡路島で亡くなった淳仁天皇とも関係が深く、行在所(あんざいしょ)であったと伝えられており、お寺には位牌が祀られています。
 クスノキは鐘楼のそばにあり、主幹の根元近くにはご住職の話ではウバメガシが生えてきてしまったとのこと。若干樹の頂上付近は葉の付きが悪いようですが、まだまだこれから太くなりそうです。近くの伊弉諾神宮には夫婦クスがありますのでぜひ訪れて下さい。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(妙勝寺の大クスノキ) (都志八幡神社のナギの大木)
     
兵庫県  クスノキ   新日本名木100選
     
No.920