(京都市上京区) 更新:2016年5月(5)
(うほういんのぎょいこう) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

雨宝院の御衣黄桜
【御衣黄桜】 薄緑色をした美しい桜です。
雨宝院の御衣黄桜
山門の横に塀越しに咲いています。
雨宝院の御衣黄桜
満開の御衣黄桜です。
雨宝院の御衣黄桜
細い道路の上立売通りに面して雨宝院はあります。
雨宝院の歓喜桜
「歓喜桜」 御室仁和寺の御室有明と同じ種類の桜とのこと。
雨宝院の観音桜
「観音桜」 これも歓喜桜と同じ御室有明とのこと。
雨宝院の観音桜
「観音桜」
雨宝院の歓喜桜・観音桜
狭い境内は桜の花で覆われます
雨宝院の歓喜桜・観音桜
名称 : 雨宝院の御衣黄桜
所在地 : 京都市上京区智恵光院通上立売上ル聖天町9-3 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/4/12、15 雨宝院マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 市バス「今出川浄福寺」下車、北に徒歩5分。 
雨宝院(うほういん)は通称「西陣の聖天さん」と呼ばれる高野山真言宗の寺院です。平安時代初期の弘仁12年(821年)、弘法大師が嵯峨天皇の御脳平癒のために、玉体と御等身の歓喜天を一刀三礼して造られた歓喜天(聖天)を安置した大聖歓喜寺が始まりと伝えられています。東寺と共に皇城鎮護の寺院として栄えた大伽藍であったそうですが、応仁の乱で荒廃しましたが、天正年間に再興されました。
 狭い境内には12本の桜があり、訪問した日は天を被うように桜の花が被っていました。本堂前の桜は「歓喜桜」といい、御室仁和寺の八重桜と同種のもの(御室有明)で、根元から八重の花が咲きます。また「観音桜」も同じ「御室有明」といわれます。他にも紅枝垂れ桜や松月があります。
 山門近くにあるのが古くから知られた「御衣黄桜」で、大変珍しい薄緑色の花を咲かせる八重桜です。満開時期は歓喜桜よりも3-4日遅れるようです。山門前の通りから見るのが良いようです。
 狭い境内ですが、最近有名になってきたようで、団体の観光客が来ると満員で写真が撮れないことも。近くには「慧光寺のイチョウ」、「浄福寺のクロガネモチ」といった巨樹もあります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(佐野藤右衛門邸の桜 (京都府立植物園の桜・6)
     
京都府  サクラ   新日本名木100選
   
No.1223