(京都府舞鶴市) 更新:2012年1月(7)
(かわら) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

鹿原神社の前頭ケヤキ
環境省巨樹巨木林DBでは、幹周/4.45m、樹高/27m。「前頭ケヤキ」と呼ばれています。
鹿原神社の前頭ケヤキ
小祠の前の2本がケヤキで後方の2本がタブノキ。立て札のある左のケヤキが最も幹周が太い。
鹿原神社の前頭ケヤキ
ケヤキは5mほどのところで二股に分かれています。

逆さ杉
鹿原神社の近くには、八百比丘尼(やおびくに)伝説を持つ鹿原の逆さ杉があります。
 現在は、幹周/3.6m、樹高/10m、樹齢/伝承560年余。
逆さ杉
民話にもある逆さ杉の根元部分。写真の右下に杉木大明神の小祠があります。
名称 : 鹿原神社の前頭ケヤキ
所在地 : 京都府舞鶴市鹿原164 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2011/10/10 鹿原神社マップ
指定 : なし
アクセス : JR小浜線・松尾寺駅から西に徒歩10分。国道27号線沿い。
金剛院口交差点の少し西に行った国道27号線沿いに鹿原神社があります。金剛院口を南に700mほど行くと名刹金剛院があります。ケヤキは舞鶴市の「市の木」になっており、大きいものから横綱ケヤキ・大関ケヤキ・関脇ケヤキ・小結ケヤキ・前頭ケヤキと名付けられています。今回の訪問では横綱以外を見てきました。
 鹿原神社については創始など詳細が不明ですが、荒神様と山神社を祀るとのこと。近くに「逆さ杉」とよばれているスギがあるとのことで行ってみました。国道27号線を東に金剛院口交差点から100mほどの所を左折するとすぐ目の前に背の低いスギがありました。
 「舞鶴市史」には、「鹿原小字杉ノ木に、送り杉というのがある。別名を杉木大明神とも称して地元で崇めているが、ちょうど、地表から根を出すような形に見えるので、逆さ杉の名もある。古老の言い伝えによると、白鳳十年十月十四日、北国大地震の際、青葉山が崩れて、山中の大杉が一株流れ出し、土砂に埋もれたものだという。また一説には、その昔、年齢八百歳にもなる老学者が諸国巡遊の折、小杉を逆さに植えたものだともいう。」とあります。
 杉の前には八百比丘尼(やおびくに)伝説を伝える地元の史跡保存会の説明板がありました。また金剛院には「奉行杉」や「千年ガヤ」があり、秋の紅葉は特にすばらしいそうです。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(金剛院の奉行杉) (才之道神社のタブノキ)
     
京都府 ケヤキ 新日本名木100選
     
No.515