(京都府舞鶴市) 更新:2012年1月(6)
(こんごういんのぶぎょうすぎ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

金剛院の奉行杉
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/4.88m、樹高/27m。平忠盛お手植えの伝説があります。
金剛院の奉行杉
国道27号から金剛院へ通じる道路沿いに奉行杉はあります。ちょうど杉の向こうから朝日が当たってきました。
金剛院の奉行杉
奉行杉を見上げた写真。複雑な枝の絡まりが見られます。
金剛院の奉行杉 金剛院の奉行杉
名称 : 金剛院の奉行杉
金剛院の所在地 : 舞鶴市鹿原(かわら)595 (奉行杉) ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2011/10/10 金剛院の奉行杉・マップ
指定 : なし
アクセス : JR小浜線・松尾寺駅から徒歩約15分。 【車】舞鶴若狭自動車道・東舞鶴ICから北東に約5km。
国道27号線の鹿原神社の前を南に折れて、鹿原川に架かる湯船橋を越えると右手に「奉行杉」と呼ばれる大杉がそびえています。平安末期、美福門院(びふくもんいん)の命で金剛院の造営奉行を命じられた平忠盛(平清盛の父)が三重塔・本堂の造営と共にこの杉の木を植えたとされています。
 金剛院を含むこのあたり地域一円は、平安時代後期には「志楽庄」と呼ばれた地域で、平清盛が支配したこともある地域でした。美福門院(鳥羽上皇の后・得子)といえば保元の乱の原因ともいわれている女性ですが、保元の乱の結果、武士の地位が一挙に上がり、武家政権成立へと続きます。1本の杉にも歴史の重みがありました。金剛院には「千年ガヤ」と呼ぶ榧の古木があります。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(金剛院の千年ガヤ) (鹿原神社の前頭ケヤキ)
     
京都府 ス ギ 新日本名木100選
     
No.514