海住山寺のヤマモモ  (京都府木津川市) 更新:2010年10月(10)
(かいじゅうせんじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

海住山寺のヤマモモ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5. 9m、樹高/12m。京都府で最大のヤマモモの巨樹です。
海住山寺のヤマモモ
ヤマモモの前にある標識には「京都の自然200選 ヤマモモ」とあります。
海住山寺のヤマモモ
ヤマモモ全体をとろうとしたのですが、周囲に樹木が多くて。
海住山寺の本堂と良弁杉 海住山寺の五重塔
良弁杉(幹周/3. 85m、樹高/24m)。後方は本堂。  ●国宝の五重塔。日本で2番目に小さい五重塔です。
名称 : 海住山寺のヤマモモ
所在地 : 京都府木津川市加茂町例幣海住山20 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2010/10/2 海住山寺マップ
指定 : 京都の自然200選
アクセス : JR関西本線・加茂駅からタクシーで約10分。または、奈良交通バス「和束町小杉」方面行きで「岡崎」下車、徒歩30分。 【車】国道163号「海住山寺口」交差点を北に2.1km。駐車場あり。
海住山寺は、天平7年(735年)聖武天皇により創建されたと伝わります。一時寺観が失われていたものを承元2年(1208年)に解脱上人により中興されたものです。現在は真言宗に属し、本尊は十一面観世音菩薩で、境内には、国宝の五重塔や重要文化財の文殊堂がある名刹です。
 特に五重塔は、建保2年(1214年)に解脱上人の衣鉢を継いだ覚真によるもので、小さいながらもよく整った外観を持ち、心柱が初層で止められている点は著名です。五重塔でありながら、高さがわずか17.1mしかなく、屋外にあるものとしては室生寺の五重塔に次いで日本で2番目に小さいものです。
 ヤマモモは本堂の右手にあり、周囲が石柱などで囲まれており、自由に入ることができません。ゆえに巨樹の写真としては邪魔な葉などが写り込み良い写真になりませんでした。新日本名木100選では、ヤマモモは徳島県の「由岐のヤマモモ」のみが取り上げられているだけです。
 神社までの坂道は急坂で、車で行くとなると初心者では運転が大変なほどで、歩くとなると30分以上のハイキングを覚悟しなければなりません。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(鷺の森のケヤキ) (西浦の小町カヤ)
     
京都府  ヤマモモ   新日本名木100選
     
No.403