(岐阜県高山市) 更新:2014年6月(18)
(みなし) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

水無神社の大スギ
大スギは石の標柱によれば、幹周/6.45m、樹高/45m、推定樹齢/800年余。
水無神社の大スギ
大スギは水無神社の鳥居のそばにあり、県の天然記念物に指定されています。
水無神社の大スギ 二本桧
水無神社の大スギ 水無神社の二本桧。左後ろに大スギ。
二本桧
二本桧】 標柱によれば、幹周/4.6m、樹高/40m、推定樹齢/700年以上。
ねじの木
ねじの木】 伝説の木といわれる「ねじの木」。樹種はヒノキです。
ねじの木説明板 ねじの木
 説明板
飛騨一之宮水無神社 水無神社
 社殿と社叢
名称 : 水無神社の大スギと二本桧 樹種 : スギ、ヒノキ
所在地 : 岐阜県高山市一之宮町5323 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/4/23
指定 : 大スギ 岐阜県指定天然記念物 (S33年9月10日指定)
      二本桧 高山市指定天然記念物 (S37年8月4日指定)
アクセス : JR高山本線・飛騨一ノ宮駅から西に約400m、徒歩約10分。
2014年4月下旬に「臥龍桜」を見に来たついでに寄った水無神社ですが、その宏大な境内と巨樹の多さにびっくり。境内にある略誌によれば、飛騨の一の宮である水無神社の祭神は、水無神(みなしのかみ)、御歳(みとし)大神、その他です。神代の昔より、表日本と裏日本の分水嶺・位山(くらいやま)に鎮座し、神通川・飛騨川の水主(みぬし)または水分(みくまり)の神として崇められたそうです。
 大スギは神社鳥居のそばにあり、非常に樹高があり、樹の頂にも欠損がありません。「二本桧」はその大スギの近くにあり、かっては2本のヒノキがあったそうで二本桧の名称がありますが、今は1本しかありません。このスギとヒノキの間に「ねじの木」という背の低いヒノキがあります。
 かっては絵馬殿の傍らにあり、自然にねじ曲がったいう不思議な木です。伝説では、里人が伐って普請に使おうとして切ろうとしたら、1夜のうちに幹はもとより梢までねじ曲がってしまい、神のたたりを恐れた里人は謝ったといいます。
 境内にはイチョウとカツラの巨樹もあり、飛騨高山にお出かけの折りにはぜひ訪れて欲しい所ですね。また近くには往還寺のヒノキ・イチイがあります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(白鳥神社のケヤキ) (水無神社のイチョウとカツラ)
     
岐阜県 ス ギ   ヒノキ 新日本名木100選
     
No.806