(愛媛県新居浜市) 更新:2014年9月(6)
(にいはま はくさん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

新居浜 白山神社のクスノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6.00m、樹高/30m。本殿に登る石段の左側にそびえます。
新居浜白山神社のクスノキ
石段途中から見る大楠。傾斜地に立っているので、幹周は6m以上に見えます。
新居浜白山神社のクスノキ
「御神楠」の扁額が掲げられています。神木として祀られています。
新居浜白山神社のクスノキ
本殿前から見た大楠の全体。
白山神社のクスノキ 白山神社のクスノキ
白山神社拝殿 拝殿
名称 : 新居浜 白山神社のクスノキ
所在地 : 愛媛県新居浜市中村2-10−10 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/5/17 新居浜白山神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR予讃線・新居浜駅からせとうちバスの広瀬公園方面行きに乗り、「横山」で下車し、南東に約200m。 【車】国道11号線・西の端交差点を南に約600m、駐車ができます。
愛媛県神社庁のHPによれば、白山神社(はくさんじんじゃ)は奈良県葛城山から役小角(えんのおずぬ)を招き、文武元年(697年)8月加賀国一の宮白山比盗_社の分霊を頂き、当地に祀ったことに始まるとされます。当初は白山大権現として崇敬されていましたが、明治初年の神仏分離令により白山神社となりました。
 祭神として、伊邪那岐命 (いざなぎのみこと)など四神を祀ります。大クスは神社本殿に登る石段のすぐ左手にあり、クスの前には鳥居があり「御神楠」と扁額が掲げられており御神木として祀られています。
 ほとんど痛みもなく、御神楠として大切にされていることから、これからも大きくなりそうです。近くには「瑞応寺の大イチョウ」や「広瀬公園のクスノキ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(広瀬公園のクスノキ) (正法寺のイチョウ)
     
愛媛県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.854