(愛媛県新居浜市) 更新:2014年9月(5)
(ひろせ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

広瀬公園のクスノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6.00m、樹高/30m。
広瀬公園のクスノキ
旧広瀬邸の玄関で、門の奥にそびえるのが大クスです。
広瀬公園のクスノキ
樹高30mになる大クスで、幹周も6mを超えます。
広瀬公園のクスノキ
楠の大樹 楠の大樹
 立て札
広瀬邸 旧広瀬邸の
 「離れ」
広瀬歴史記念館入口 歴史記念館の
 入口と乾蔵
名称 : 広瀬公園のクスノキ
所在地 : 愛媛県新居浜市上原2-10-42 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/5/17 広瀬公園マップ
指定 : 新居浜市の名木百選
アクセス : JR予讃線・新居浜駅からせとうちバスで「広瀬公園」下車すぐ。 【車】国道11号線・西の端交差点を南に折れ、広瀬公園通りを約1.4km。公園の駐車場があります。
広瀬公園は江戸末期から明治初期にかけて活躍し、住友グループの基礎を確立した広瀬宰平(ひろせさいへい)の旧邸・庭園を公園化したもので、昭和46年に広瀬家から新居浜市に移管されています。住友グループの歴史のHPに広瀬宰平については詳しく掲載されています。
 広瀬公園内にある広瀬歴史記念館は、江戸末期から明治にかけて住友家総支配人であった広瀬宰平の足跡を通して、新居浜市の生い立ちと日本の近代化の歩みをたどる施設で、展示館と明治時代に建築された旧広瀬邸の二つから構成されています。旧広瀬邸は国の重要文化財に指定されています。
 大クスはその旧広瀬邸の玄関へ通じる通路のそばにあり、「楠の大樹 金子村久保田の旧邸宅より移植したもので、樹高30メートル、三幹に分かれた見事な大木である。移植時小振りではあったが、狭い悪路を牛5頭を使い、苦労して運搬した。」と立て札にありました。
 会社に勤めていた間には住友化学さんにはお世話になり、新居浜の工場にも行ったことがあります。また娘が住友系列の会社に勤めており、住友には今もお世話になっています。
 近くには「瑞応寺の大イチョウ」、「新居浜 白山神社のクスノキ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(瑞応寺の大イチョウ) (新居浜 白山神社のクスノキ)
     
愛媛県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.853