(徳島県徳島市) 更新:2014年3月(7)
(わかみや) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

若宮神社のクロガネモチ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/4.40m、樹高/15m。
若宮神社のクロガネモチ
徳島市の保存樹木に指定されており、その標識が左側にあります。
若宮神社のクロガネモチ
神社背後の高台から見たクロガネモチです。向こうのガードレールが県道です。
若宮神社のクロガネモチ
若宮神社のクロガネモチ
真新しい社殿とその背後にクロガネモチの巨樹があります。
名称 : 若宮神社のクロガネモチ
所在地 : 徳島県徳島市八多町水口101-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/10/13 若宮神社マップ
指定 : 徳島市指定保存樹木 (S49年12月11日指定)
アクセス : JR徳島駅から徳島市営バス「大久保」行きに乗り「仕出橋」で下車、北西に約300m。
県道33号を西に行き、仕出橋を右折し細い道を山に向かって行くと白い樹肌の大木が見えてきます。若宮神社には小さいですが駐車場もあります。社殿は最近建て直されており真新しいものでした。
 クロガネモチは関東〜九州・琉球に生育する常緑高木で、葉は革質で楕円形で光沢があります。幹は灰白色で秋から冬にかけ真っ赤な実をつけます。若宮神社のクロガネモチは本当に白っぽい幹の色をしており、周囲の樹木とは違うのですぐに分かります。
 環境省の巨樹巨木林DB(データベース)によれば、日本一のクロガネモチは幹周5m台ですから、このクロガネモチは日本有数のクロガネモチの巨樹ということになります。
 近くには「板東の大楠」とも呼ばれる「速雨神社のクスノキ」や八多五滝の入口のある「五滝入口のカツラ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(草創神社のムクノキ) (速雨神社のクスノキ)
     
徳島県  クロガネモチ   新日本名木100選
     
No.745