(和歌山県すさみ町) 更新:2015年12月(14)
巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

ウバメガシの老大樹
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/7.75m、樹高/10m。3本の株立ちです。
ウバメガシの老大樹
斜面に生えており、ちょっと幹の太さがわかりにくい。
ウバメガシの老大樹
3本の株立ちで、最大の幹の幹周は3.5mと環境省巨樹巨木林DBにあります。
ウバメガシの老大樹
石段を登ると沼田大師堂の最近建てられたお堂があります。石段右がウバメガシ。
ウバメガシの老大樹
沼田大師堂 沼田大師堂
名称 : ウバメガシの老大樹
所在地 : 和歌山県西牟婁郡すさみ町周参見808付近 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/18 ウバメガシの老大樹マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 【車】紀勢道・すさみICを降り、北に約1.4km。
新しく開通した紀勢道のすさみICからすぐの所に沼田大師堂のウバメガシがあります。道が細いので、川を渡る手前で駐車して大師堂へ歩きました。石段を登るとすぐ右手にウバメガシの大樹があり、登り切ると「沼田大師堂」と書かれた真新しいお堂があります。
 このウバメガシの老大樹は、県下最大のウバメガシといわれ、生育状態も良さそうで、樹勢も旺盛な老大樹です。老大樹というにはまだまだ早そうな気もしますが。「日本風景街道 熊野」を参考に名前をつけました。
 ウバメガシは紀州備長炭の原木として有名で、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹で比較的痩せた急斜面の崖地などに生育しており、南紀には普通に生育しています。このHPでも白浜町の「子安地蔵のウバメガシ」、「御崎神社のウバメガシ」を紹介しています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(積田神社の大イチョウ) (和深川王子神社のムクノキ)
     
和歌山県  カ シ   新日本名木100選
     
No.1127