(和歌山県すさみ町) 更新:2015年12月(15)
(わぶかがわおうじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

和深川王子神社のムクノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5.30m、樹高/20m。
和深川王子神社のムクノキ
ムクノキに特有の板根は目立たないようですが、なかなかどっしりとした根元です。
和深川王子神社のムクノキ
和深川王子神社のムクノキ
いろんな植物がムクノキにまとわりついています。
和深川王子神社
和深川王子神社の社殿。神社の前の道は熊野古道の大辺路。
名称 : 和深川王子神社のムクノキ
所在地 : 和歌山県西牟婁郡すさみ町和深川258 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/18 和深川王子神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 【車】紀勢道・すさみICから県道38号を南に3.3km、平松交差点を左折し国道42号を串本方向に4.4km、口和深で左折し2.5km。神社前に駐車スペースがあります。
熊野古道大辺路で屈指の景観と往時のたたずまいを遺す長井坂は、国道42号沿い西浜バス停から東に入り、JR紀勢本線と並行しながら和深川の集落に入り、王子神社前を通り、JRの双子山トンネル手前から坂越えが始まります。
 和深川王子神社はこの大辺路に沿った神社で、ここから坂の終点のすさみ町見老津までは一軒の家もありません。神社が勧請の年代は明らかではありませんが、棟札銘から寛永2年(1625年)に創建されたとみられます。江戸時代をは若一王子権現といわれて春日明神社の摂社でしたが、明治元年、社名を王子神社と改めています。
 ムクノキは神社境内の西の外れにあり、斜面に大きく根を張っています。幹にはカズラやシダなどいろいろな植物がまとわりつき、樹肌がよく分かりません。昔は多くの熊野詣の人々が眺めて通ったことでしょう。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(ウバメガシの老大樹) (江住薬師のムクノキ)
     
和歌山県  ムクノキ   新日本名木100選
     
No.1128