(和歌山県伊都郡かつらぎ町)
(にゅうさかどのじんじゃ) 更新:2007年10月(3)
  巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

丹生酒殿神社のイチョウ
紀ノ川の南岸三谷集落にある「丹生酒殿神社の大イチョウ」。幹周/5.26m、樹高/25m。
丹生酒殿神社のイチョウ
丹生酒殿神社の大イチョウ 鎌八幡宮のイチイガシ
大イチョウを南側から写しました。 鎌八幡宮のイチイガシの巨木。鎌が至る所に刺さっています。
丹生酒殿神社のイチョウ
「境内を 黄に敷きつめて 大いちょう」 の石の句碑通りの黄葉を迎えた大イチョウ。
丹生酒殿神社のイチョウ
黄葉の丹生酒殿神社の大イチョウ 丹生酒殿神社のイチョウ
名称 : 丹生酒殿神社のイチョウ
所在地 : 和歌山県伊都郡かつらぎ町三谷631 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/4/21、2007/12/8 丹生酒殿神社マップ
指定 : なし
アクセス : JR和歌山線・妙寺(みょうじ)駅から南に約1.5km。
丹生酒殿神社の祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)の妹・丹生都比売命(にゅうつひめのみこと)、高野御子神、誉田別命、健御名方命で、丹生都比売鎮座の地とされています。
 この神社の裏側に「鎌八幡宮」があります。ご神体であるイチイガシの木に鎌が至る所に打ち付けられており、新しい物から錆びて柄の無くなったものまで100本以上あるでしょうか。祈願成就のときは鎌が幹に食い込んでいくが、不成就のときは脱け落ちると伝承されています。
 高野山霊宝館のホームページによれば、明治42年にここから西に1kmほどにある兄井の鎌八幡宮からこの丹生酒殿神社に移されたとあります。この霊宝館HPの中の「高野山よもやま記」には、八幡講について非常に詳しい由来がのせられています。
 さて大イチョウは拝殿の右前にあり、晩秋には辺り一面が黄色のイチョウの葉で満たされます。2007年の晩秋、黄色い落ち葉に満たされた境内を見に再訪しました。天然記念物などの指定はないものの立派なイチョウの巨樹です。「境内を 黄に敷きつめて 大いちょう」 の句碑がイチョウの前に立てられていますが、まさにその状況でした。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(白山神社のイチョウ) (延命寺の夕照もみじ)
     
和歌山県 イチョウ 新日本名木100選
     
No.91