(和歌山県紀の川市)  更新:2010年12月(2)
(きびじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

気比神社のクスノキ
現地の説明板では、最大株の幹周/6.45m、樹高/約16m、根元周は約13mで6本に分岐しています。
気比神社のクスノキ
小さな本殿境内に大きな楠が収まっています。壁に囲まれていて中には入れません。
気比神社のクスノキ
気比神社のクスノキ
気比神社の全景です。白と朱に塗られた社殿の壁が美しい。
名称 : 気比神社のクスノキ  
気比神社の所在地 : 和歌山県紀の川市猪垣19 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/4/21 気比神社マップ
指定 : 紀の川市自然保存木(H9年4月24日指定)
アクセス : JR和歌山線・粉河駅で下車し、市巡回バスの紀の川市役所行きで「猪の垣」下車、北に約300m。
気比神社は旧猪垣村・藤井村の産土神で、毎年正月8日にある射初の式が有名でした。祭神は気鎮(けちん)神と八幡神で、その為本殿は二間にしています。
 大クスは境内の本殿の内部にあり、低い壁越しにその全容を見ることができます。根元は一緒ですがそこから6本の支幹が伸びています。根回りだと13mもあるそうです。このような楠は巨樹は巨樹なんですが、幹周の測定が難しいなと思います。近くの粉河寺には大神社のクスノキ踞木地のクスノキなどの巨樹があります。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(丹生高野明神のスギ) (九手神社のアラカシ)
     
和歌山県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.415