(奈良県宇陀市) 更新:2011年8月(6)
(しもたぐち) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

下田口・コナラの巨樹
ネット情報では、幹周/5.71m、樹高/20m。県道28号線沿いにあります。手前が室生側。
下田口・コナラの巨樹
道路側には大きなコブがあります。
下田口・コナラの巨樹 下田口・コナラの巨樹
県道のすぐそばにあり、大枝が道路に覆い被さっています。  堂々たる根元部分。よく切られなかったね。
名称 : 下田口・コナラの巨樹
所在地 : 奈良県宇陀市室生下田口 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2011/7/16 下田口・コナラの巨樹マップ
指定 : なし
アクセス : 【車】名阪国道・小倉ICから車で18km。室生龍穴神社から県道28号線を南に約2km。
車で県道28号線を室生寺から更に室生川に沿って南下し、「室生龍穴神社のスギ」で紹介した室生龍穴神社前を過ぎ、更に上流に向かいます。5分ほど走ると下田口の集落の手前約500m程の左手にコナラの巨樹が見えてきます。道路に覆い被さるように大きく枝を広げていますのですぐに分かります。
 コナラでは県下一の太さを誇り、推定樹齢約250年といわれている巨樹です。ナラ(楢)はブナ科の落葉高木で、雑木林ではどこにでもある樹木ですが、最近京都の東山等で「ナラ枯れ」が発生して問題になっています。これはカシノナガキクイムシによるもので対策が急がれます。
 下田口の集落には前回紹介した「田口水分神社のイチョウ」の巨樹があります。ご覧のようにコナラは道路際にあり、車の通行の邪魔になるとされよく切られなかったなと思います。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(田口水分神社のイチョウ) (春日神社のラッパイチョウ)
     
奈良県 ナ ラ 新日本名木100選
     
No.474