(奈良県宇陀市) 更新:2011年8月(5)
(たぐちみくまり) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

田口水分神社のイチョウ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/7. 80m、樹高/27m。イチョウの向こうに下田口の集落が見えます。
田口水分神社のイチョウ
根の張りも素晴らしく天然記念物の指定がないのが不思議なくらいの巨樹です。
田口水分神社のイチョウ
田口水分神社のイチョウ 田口水分神社のイチョウ
空洞などがなく健康なイチョウです。 手前の杉と同じ樹高です。
田口水分神社 田口水分神社
田口水分神社の拝殿。絵馬がきれいです。  田口水分神社の入口です。
名称 : 田口水分神社のイチョウ
所在地 : 奈良県宇陀市室生下田口1077 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2011/7/16 田口水分神社マップ
指定 : なし
アクセス : 【車】名阪自動車道・針ICから国道369号を南に3.2km、「外の橋」を左折し県道28号・国道165号を15.8km。駐車場あり。
田口水分神社は、約400年数年前、宇陀市菟田野町古市場にある宇太水分神社(中社:夫婦杉で紹介しています)より分祀されたものと伝えられています。神社の祭神は天之久比奢母智神(あめのくいきもなのかみ)で、水の神として親しまれています。
 宇陀市の発行している「広報うだ」に「宇陀ふるさと探訪」として詳しく紹介されています。それによれば、イチョウは周囲が約9メートル、樹齢300年といわれており、鎌倉の鶴岡八幡宮の大イチョウに次ぐ大きさだといわれています。鶴岡八幡宮の大イチョウは昨年3月に倒れてしまいましたので、今では日本一の大イチョウというわけですが。環境省・巨樹巨木林DBでは、日本一のイチョウは青森県の「北金ヶ沢のイチョウ」です。この田口水分神社のイチョウの木は、田口水分神社とともにかっての”室生村20景”に選ばれていました。
 ふるさと元気村(旧田口小学校)を50mほど南に行き右折すると神社があり、小さいですが駐車場もあります。昔ながらの山村の香りが残る村の風景に出会えます。集落に入る500m手前の県道沿いには次回紹介の「コナラの巨樹」がありますのでこのイチョウを訪問の際には忘れずに見て下さい。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(愛宕さんのケヤキ) (下田口・コナラの巨樹)
     
奈良県  イチョウ   新日本名木100選
     
No.473