(奈良県桜井市) 更新:2016年2月(19)
(さくらい) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

桜井高等学校前のラクウショウ
ラクウショウは桜井高校の校門前にあり、幹周/(実測値)2.55m、樹高/約20m、樹齢/112年。
桜井高等学校前のラクウショウ
ラクウショウの右側にあるのは奈良県指定保護樹木の説明板です。後方に近鉄大阪線の架線が見えます。
桜井高等学校前のラクウショウ
夕方でちょうど高校(後方の建物)の下校の時間のようで、生徒が次々帰途についていました。
桜井高等学校前のラクウショウ
ラクウショウ(落羽松)は別名ヌマスギとも呼ばれ、北アメリカ原産の落葉針葉樹です。
奈良県指定保護樹木 奈良県指定
 保護樹木説明板
名称 : 桜井高等学校前のラクウショウ
所在地 : 奈良県桜井市桜井95 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/11/3 桜井高等学校マップ
指定 : 奈良県指定保護樹木 (S47年10月2日指定)
アクセス : 近鉄又はJR桜井駅から東に約700m、徒歩12分。 【車】国道169号・川合交差点を東に約800m。駐車はスーパーオークワに。
ラクウショウは、県立桜井高校の校門前の道路を挟んだ反対側の道路脇に立っています。道路と初瀬川の間の狭い空間に有り、何ともかわいそうな状況です。奈良県指定保護樹木となっており、一応保護されているようですが。
 明治33年(1900年)、桜井高校の前身である桜井高等女学校開校時に植えられたそうですから、樹齢は115年です。
 ラクウショウは日本での自生はなく、明治末期に渡来したと考えられています。ヌマスギとも呼ばれますが、湿地だけでなく普通の所でも生育ができるので、水平根が発達して根上がりがしにくく、風に強いので、街路樹に使われます。日本ではまだ巨樹は少なく、環境省巨樹巨木林DBでは「宮崎神宮のラクウショウ」が幹周5.00mで日本一のようです。このHPでは「明石公園の大ラクウショウ」を紹介しています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(三輪 神明神社のムクノキ) (日尾池姫神社のケヤキ・ムクノキ)
     
奈良県  ラクウショウ   新日本名木100選
     
No.1177