(奈良県桜井市) 更新:2016年2月(18)
(みわ しんめい) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

三輪 神明神社のムクノキ
環境省巨樹巨木林DBに登録がないので実測しました。幹周/(実測値)5.42m、樹高/(目測)約15m。
三輪 神明神社のムクノキ
残念ながら主幹はばっさりと切られています。それでも支幹が健在です。
三輪 神明神社のムクノキ
根元部分を見ると、なかなかのムクノキの巨樹ですが、主幹がないのが惜しい。
三輪 神明神社のムクノキ
神明神社社殿と石柱 社殿は新しい
名称 : 三輪 神明神社のムクノキ
所在地 : 奈良県桜井市三輪90付近 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/11/3 三輪 神明神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR桜井線・三輪駅から南西に約600m、徒歩約10分。
三輪といえば勿論「大神(おおみわ)神社」が有名です。その三輪にある神明神社ですが、境内に由緒などの説明板がないので、創祀・由緒などの詳細は不明です。ネットでは、「松の本神明神社」として紹介されており、その記事によれば、ご祭神として天照皇大神、素盞男命、天児屋根命を祀ります。神社のすぐ東側には初瀬川(大和川)が流れています。「松の本」は字名です。
 ムクノキは境内の東の端にあり、主幹は途中で切られていますが、大きな支幹が道路上に伸びています。根元はなかなか立派で、幹周を実測すると約5.5mありました。北東に徒歩400mの所には「三輪恵比須神社のケヤキ」があります。
 三輪はとても古い歴史がある土地で、大神神社と三輪そうめんが有名ですが、お酒も有名。さらに周辺は古墳の密集地で、古墳時代前期の帆立貝式古墳などの古い古墳が多数存在し、古代史ファンにはたまりませんね。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(三輪恵比須神社のケヤキ) (桜井高等学校前のラクウショウ)
     
奈良県  ムクノキ   新日本名木100選
     
No.1176