小夫のケヤキ  (奈良県桜井市) 更新:2007年8月(3)
(おおぶ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

小夫のケヤキ
桜井市の北東、小夫(おおぶ)集落にある天神社のケヤキの巨樹。天然記念物などの指定はありません。
小夫のケヤキ
幹周/8.42m、樹高/30m(桜井市教育委員会設置説明板による)。社伝では樹齢1500年。
小夫のケヤキ
小夫のケヤキ 小夫のケヤキ
小夫のケヤキ 天神社
 ●(上)天神社の社殿

 ●(左)神社境内から見たケヤキ。
   幹の下部に大きな空洞があり、
   左横にはこのケヤキの由来の説明板があります。
名称 : 小夫のケヤキ
天神社の所在地 : 奈良県桜井市小夫3147 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/5/4 小夫のケヤキ・マップ
指定 : なし
アクセス : 【車】名阪国道・針ICで降りて南に約5km。
以前紹介した「瀧蔵神社の権現桜」に近い小夫(おおぶ)集落の天神社に「小夫のケヤキ」はあります。小夫天神社の祭神は、天照皇大神(アマテラスオオミカミ)、天兒屋根命(アメノコヤネノミコト)など四神。創建は古く、ここ小夫郷は倭笠縫邑(やまときぬがさむら)とも称せられ、天照皇大神の霊跡で元伊勢ともいわれています。
 ケヤキの巨樹は石垣から斜めに張り出して聳えており、根元はボリュームがあります。社伝では第23代天皇・顕宗天皇即位の際に植えられたとされており、樹齢1500年と伝えます。天神社には多くの由来があり、このあたりが古代大和の地であった頃を偲ばせます。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(海清寺の大クス) (貴船神社の相生杉とカツラ)
     
奈良県 ケヤキ 新日本名木100選
     
No.84