(奈良県宇陀市) 更新:2008年12月(10)
(かいちょうじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

戒長寺のオハツキイチョウ
小さいですがいっぱい乳(にゅう:気根)を垂らした「戒長寺のお葉つきイチョウ」。
 環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/4.20m、樹高/15m。
戒長寺のオハツキイチョウ
戒長寺の石段下から見た山門右側にある「戒長寺のオハツキイチョウ」です。
戒長寺のオハツキイチョウ
戒長寺と戒場神社は隣接しており、イチョウをはさんですぐそばに山門と鳥居があります。
戒長寺のオハツキイチョウ 説明板
(左)若葉が出たばかりのオハツキイチョウ。

(上)県指定天然記念物の説明板。
名称 : 戒長寺のオハツキイチョウ
所在地 : 奈良県宇陀市榛原戒場386 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/5/4 戒長寺マップ
指定 : 奈良県指定天然記念物 (S53年3月28日指定)
アクセス : 近鉄大阪線・榛原(はいばら)駅から奈良交通バス「天満台東三丁目」行きに乗り終点下車、徒歩約30分。タクシーだと10分。駐車場あり。
奈良県の天然記念物指定では「戒長寺のお葉つきイチョウ」となっています。お葉つきイチョウは全国でかなりの数が発見されており、奈良県でも他に3件(門僕神社のお葉つきイチョウ、安楽寺のお葉つきイチョウ、観音寺のお葉つきイチョウ)が県の天然記念物に指定されています。
 戒長寺は戒場神社に隣接しており、「戒場神社のホオノキ」もすぐ近くにあります。説明板には「お葉つきイチョウ」が植物の形態学上非常に貴重なものであるとの事が書かれています。
 戒長寺は戒場山の中腹、標高600mの高所にある真言宗御室派の寺院で、本尊は薬師如来。聖徳太子が創建し、弘法大師が修業をしたと伝わります。また、わが国唯一といわれている十二神将を刻んだ銅鐘(重文)が有名です。西南に1km程行くと万葉の歌人・山部赤人の墓があります。愛宕さんのケヤキも近くです。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(戒場神社のホオノキ) (了徳寺のオハツキイチョウ)
     
奈良県 イチョウ 新日本名木100選
     
No.188