(兵庫県朝来市) 更新:2013年12月(1)
(たけだすわ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

竹田諏訪神社のクスノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6.14m、樹高/20m。本殿の背後の林の中にあります。
竹田諏訪神社のクスノキ
竹田諏訪神社の神木となっており、しめ縄が巻かれています。地上4mほどで主幹が折れているのが残念です。
竹田諏訪神社のクスノキ
根元部はしっかりとしています。根の張りも堂々としています。
竹田諏訪神社のクスノキ
落雷で3本の大枝のうちの2本が折れたそうです。
竹田諏訪神社
竹田諏訪神社の本殿。前には広い広場があります。
名称 : 竹田諏訪神社のクスノキ
所在地 : 兵庫県朝来市和田山町竹田1144 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/8/17 竹田諏訪神社マップ
指定 : 朝来市指定天然記念物
アクセス : JR播但線・竹田駅から北東に約800m。
国道312号線から小道に入ったすぐの所に石段があり、上ると諏訪神社に着きます。結構長い石段でした。大クスは社殿の右(南側)背後の社叢の中にあり、すぐには見つからず、探さないとわかりませんでした。
 竹田諏訪神社は、金梨(かなし)山の西麓、通称「すわの段」に建てられており、ご祭神として建御名方命(たけみなかたのみこと)を祀ります。由緒については、竹田城の初代城主であった太田垣光景が信州諏訪城主土岐成頼を通じて勧請したもので、下竹田地区の氏神となっています。美しさと豪壮さで県北一の祭りともいわれている「竹田秋祭り」が有名です。
 大クスは、地上4mほどで分岐していた3本の支幹の内の2本が落雷などで失われており、ちょっと残念な樹形になっていました。天空の城・竹田城跡へはここからすぐです。「乳ノ木庵の大銀杏」、「藤和の大将軍杉」も近くにあります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(久世田の大イチョウ) (乳ノ木庵の大銀杏) 
     
兵庫県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.699