(兵庫県朝来市) 更新:2013年12月(3)
(ふじわ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

藤和の大将軍杉
現地説明板によれば、幹周/8. 37m、根周/11. 6m、樹高/35m。
藤和の大将軍杉
大将軍スギの正面には檜皮(ひわだ)で作った扉が作られています。中は空洞があるそうです。
藤和の大将軍杉
背後から見た大将軍杉は、正面からとは違い奔放に伸びた大枝が印象的にうつります。
藤和の大将軍杉
スギの前には石灯籠や石碑があります。正面から見ると扉があったり枝が切断されていたりします。
藤和の大将軍杉
右後方に伸びる支幹は非常にこのスギを印象的なものにしています。いやーすばらしい。
藤和の大将軍杉
県道136号線と大将軍杉。右の路肩に駐車スペースがあります。
大将軍杉 説明板 説明板
名称 : 藤和の大将軍杉
所在地 : 兵庫県朝来市和田山町藤和 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/8/17 藤和の大将軍杉マップ
指定 : 朝来市指定天然記念物
      兵庫県指定郷土記念物 (S47年9月1日指定)
アクセス : 【車】北近畿豊岡道・和田山ICから県道136号線を西に約6km。
乳ノ木庵の大銀杏」を訪ねてから車で県道136号を更に西に向かいます。途中の藤和峠には天空の城・竹田城跡を望む絶好のビューポイントがあります。朝霧の日に来ると雲海に浮かぶ竹田城が撮影できますが、この日は真夏でお昼時でしたので雲海は全くなし。峠を下るとすぐに右手に大将軍スギが見えます。県道沿いですので見逃すことはないでしょう。
 大将軍スギのいわれについて上の写真の説明板では、「文和2年(1353年)丹波国佐治・山垣城主 足立遠政の長子足立藤和(とうわ)が訳あって山垣からこの地にきて隠棲したが、自分より先に仮住まいをしていた藤原正司(まさつかさ)がいたことを知った。藤和は正司が自分の遠祖と同姓であることに因縁を感じ、正司の墳墓を崇拝し『大将軍』と尊称した。さらに杉の木をそばに植えて神木としてあがめたが、これが現在の『大将軍スギ』に成長したと伝えられている。」とあります。
 大杉は考えていたよりも規模が大きく、特に後方に突き出てから上に伸びる支幹が印象的です。天空の城・竹田城跡をご覧の後は是非立ち寄っていただきたいものです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(乳ノ木庵の大銀杏) (東河小学校のセンダン) 
     
兵庫県  ス ギ   新日本名木100選
     
No.701