(兵庫県宍粟市) 更新:2015年10月(17)
(にのみや) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

二宮神社の夫婦イチョウ
情報がありませんが、目視で幹周/約3.5m、樹高/約20m。
二宮神社の夫婦イチョウ
2本のイチョウがくっついたようですが不明とのこと。
二宮神社の夫婦イチョウ
雌雄同株の珍しいイチョウです。
二宮神社社殿 二宮神社社殿
名称 : 二宮神社の夫婦イチョウ
所在地 : 兵庫県宍粟市千種町岩野邊1648 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/9/15 二宮神社マップ
指定 : 宍粟市指定天然記念物 (S57年3月5日指定)
アクセス : 【車】中国道・山崎ICから国道29号を北に約23km、斉木口交差点を左折し国道429号に入り、西に約9.2km。国道沿いにあります。
二宮神社の扁額がある鳥居と赤い鳥居をくぐり、神門の前に来ると右手奥に夫婦イチョウがあります。幹周はさほどありませんが、珍しいのは雌雄同株とのこと。
 本来イチョウは、雌雄異株のものですが、このイチョウは一本の株より分枝した一方の株が結実するもので、他に例をみない珍しいイチョウであるといいます。もしこのイチョウが1本のイチョウから雄株と雌株に分かれているとすれば、非常に珍しいことで、イチョウの本(今野敏夫著)によれば、「この種の原始的な性状の現れで、先祖返り的な遺伝の発現は、進化上の原始性を保持している証」と述べています。
 二宮神社は、ご祭神として高おかみの神、素盞鳴命、大山祇命、猿田彦命を祀ります。由緒書きでは創立は不明ですが、「正安元年(1299年)8月10日遷宮、慶長年間姫路藩主池田輝政の検地にて2反1畝免除社地とせらる。」とあります。 境内には市の文化財になっている農村歌舞伎の舞台がありました。
 近くには「岩野辺の大アスナロ」、「旧石原邸のカヤ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(岩野辺の大アスナロ) (明石公園の大ラクウショウ
・ヤマモモ)
     
兵庫県  イチョウ   新日本名木100選
     
No.1090