(兵庫県宍粟市) 更新:2015年10月(16)
(いわのべ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

岩野辺の大アスナロ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/3.30m、樹高/18m。樹齢/約300年。
岩野辺の大アスナロ
県下一の大アスナロです。道路の傍で影響が心配。
岩野辺の大アスナロ
岩野辺の大アスナロ
枝の折れなどが多く、ちょっと心配です。
大アスナロと引原川 岩野辺川左岸に
 アスナロがります。
岩野辺の大アスナロの葉 大アスナロの葉
兵庫県郷土記念物指定板 県郷土記念物の
 指定板
名称 : 岩野辺の大アスナロ
所在地 : 兵庫県宍粟市千種町岩野邊2231付近 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/9/15 岩野辺の大アスナロ マップ
指定 : 宍粟市指定天然記念物 (S57年3月5日指定)
      兵庫県指定郷土記念物 (H3年12月24日指定)
アクセス : 【車】中国道・山崎ICから国道29号を北に約23km、斉木口交差点を左折し国道429号に入り、西に約9km。
国道429号を南に折れ、岩野辺川を渡るとすぐ右手、地蔵堂の横に大アスナロがあります。小字名をから、「円ノ元の大アスナロ」とも呼ばれています。集落を流れる岩野辺川の左岸にあり、樹下には地蔵堂が作られています。
 大アスナロは、地上4m付近で多数の分岐しており、以前は葉も詰まりまとまった樹幹をしていたそうですが、2004年の23号台風で多くの枝が損傷し、樹幹も寂しくなったそうです。舗装道路のすぐ側にあり、道路の拡張などで根の周りの環境が悪化して、以前の勢いがなくなってきているようです。
 アスナロは、日本特産のヒノキ科アスナロ属の常緑高木で、別名にはアスヒ、ヒバ、アテ、ヒノキアスナロ、 アスダロ、アテビ、クマサキ、ツガルヒノキがあります。桧と並ぶ良材で建築用材・風呂桶などに使用される有用な樹木ます。
 近くには「旧石原邸のカヤ」、「二宮神社の夫婦イチョウ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(旧石原邸のカヤ) (二宮神社の夫婦イチョウ)
     
兵庫県  アスナロ   新日本名木100選
     
No.1089