(兵庫県養父市) 更新:2007年7月(1)
(べっく) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

別宮の大カツラ
別宮の大カツラのすぐ右側には湧水からの小川が流れている。幹周/14.50m、樹高/24.32m
別宮の大カツラ
「別宮の大カツラ」の根元部分。この大カツラは雌株で主幹を中心に大小100近い支幹が叢生している。
別宮の大カツラ
大カツラの前には駐車場、広場、ベンチ、トイレが備えられています。田植え前で棚田には水が張られています。
別宮の大カツラ 別宮の大カツラ
別宮の大カツラ 別宮の大カツラ・棚田
大カツラの周りには実生苗が多く見られます。  ●大カツラの眼下に広がる棚田風景。
名称 : 別宮の大カツラ
所在地 : 兵庫県養父市別宮中畑1324 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/5/2 別宮の大カツラ・マップ
指定 : 兵庫県指定天然記念物 (S40年3月16日指定)
アクセス : 【車】国道9号線の関宮(せきのみや)交差点を西に折れ、葛畑スキー場方面へ約20分。
但馬地方のカツラの巨樹を続けて掲載していますが、糸井の大カツラ和池の大カツラに続く3本目は「別宮の大カツラ」です。20歳台に何度かスキーで訪れた鉢伏高原にこのような大カツラがあるとはつゆ知りませんでした。大カツラの前まで舗装道路が通じており、車で気軽に訪れることができます。
 伝承として、弘法大師・空海が諸国巡歴の途中にこの地に立ち寄り、教海寺を開いて別宮を発足させ、このカツラを水の神木であると告げたという伝承があるそうですが、そうすると樹齢は1200年以上。
 多くのカツラの例に漏れず、大カツラの背後からは湧水が流れ出ており、眼下に広がる棚田を潤していました。大カツラの前は小公園になっており、駐車場・ベンチ・トイレも完備されていて、眼前には棚田の向こうに氷の山が一望でき、大変眺望がよくおすすめポイントです。
(HP管理者)
2007年8月3日(金)の朝日新聞朝刊に「おぉ 巨樹の生命力」と題して奥多摩の巨樹の記事が大きく出ていました。その中で「巨樹巡り適地」としてこの「別宮の大カツラ」が取り上げられています。丹波・丹後には多くの大カツラや巨樹がありますので、これからも紹介していきたいと思います。(2007/8/4更新)

BACK 巨樹と花のページトップへ  NEXT
(和池の大カツラ) (三嶋大社の金木犀)
     
兵庫県 カツラ 新日本名木100選
     
No.78