(大阪府守口市) 更新:2006年2月(2)
(なんしゅうじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

難宗寺のイチョウ
幹周/4.65m、樹高/25m、樹齢/約400年。イチョウの葉の量が多く素晴らしい黄葉を見せています。
 右端に太鼓楼が見えていますように難宗寺は浄土真宗寺院の形態がよく残っています。
難宗寺のイチョウ 難宗寺のイチョウ
境内からはイチョウ全景がとれないほど。 門前には明治天皇行在所の石碑があります。
難宗寺のイチョウ
昔の京街道に沿って難宗寺はあります。この大イチョウが目印です。
名称 : 難宗寺のイチョウ
所在地 : 守口市竜田通1-5-2 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2005/11/27 難宗寺マップ
指定 : 大阪府指定天然記念物 (S50年3月31日指定)
アクセス : 京阪電鉄守口市駅下車北に徒歩5分。
かって大阪と京都を結んでいたメインロードである京街道を歩くと、文明9年(1477年)に蓮如上人が守口御坊として建立したのがはじまりといわれる浄土真宗本願寺派(西本願寺派)・難宗寺に出会います。浄土真宗の寺院に特徴的なお城の櫓(やぐら)のような太鼓楼が残されていました。
 この難宗寺の西側・門横に大阪府の天然記念物に指定された大イチョウがあります。付近にはかっての守口宿の名残をとどめる文禄堤もあり歴史散歩にも良いでしょう。イチョウの巨樹は守口市の保存樹木にも指定されています。
 守口市から門真市にかけては家電メーカーのパナソニックの本社がありますが、薫蓋樟(くんがいしょう)、ひえ島のクスをはじめ多くの巨樹もまだまだ残っています。
(HP管理者)

巨樹と花のページトップへ
(桜実神社の八ツ房杉) (由岐神社の大杉)
     
大阪府 イチョウ 新日本名木100選
     
No.30