(大阪府門真市) 更新:2011年12月(2)
  巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

ひえ島のくす
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/7.00m、樹高/16m、樹齢/推定400年。古川沿いにあります。
ひえ島のくす
古川に沿った個人の住宅内に「ひえ島の楠」があります。
ひえ島のくす
ひえ島のくす
古川の水面にひえ島のくすが映ります。
ひえ島のクス

これは2002年10月に近くの三島神社の薫蓋樟を訪問したときに写したひえ島のくすです。
名称 : ひえ島のくす
所在地 : 大阪府門真市ひえ島510 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2011/3/19 ひえ島のくす・マップ
指定 : 大阪府指定天然記念物 (S45年2月20日指定)
アクセス : 市営地下鉄鶴見緑地線・門真南駅下車、北東に約300m、徒歩約10分。
ひえ島は漢字で書くと「草」冠に「稗」と書きます。インターネットでは通常は使えない漢字です。「ひえ島のくす」は民家の中にあり、道路に面した「稗島のくす」と書かれた現地説明板によれば、「目の高さで幹が3本に分かれており、三島神社のくすに次ぐもの。このクスのある辺りは、明治の末頃まで古川筋の乗船場があり、大阪へ行く人でにぎわい、休憩所や船宿があったという。しかし、京阪電車の開通後は次第に寂れてしまった。」とあります。
 写真のように枝が大きく川に上に被さっており、道路を挟んですぐ目の前には「堤根神社の楠」があります。東に700m行くと国の天然記念物「薫蓋樟」があるように、門真市は大クスが数多く残っている地域です。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(樫津の大つが) (道明寺天満宮のクスノキ)
     
大阪府 クスノキ 新日本名木100選
     
No.505