(大阪市平野区) 更新:2007年5月(2)
(くまたじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

杭全神社のクス
参道から境内に入ったすぐ左手にある大きく手を広げたような「杭全神社の楠」、幹周/7.85m、樹高/19.5m。
杭全神社のクス
「杭全神社の楠」の根元部分には太い根が張っています。
杭全神社のイチョウ 杭全神社の楠
大阪市保存樹のイチョウ。幹周/4.8m、樹高/18.1m。  ●「杭全神社の楠」、主幹が折れた跡があります。
杭全神社のイチョウ
秋の黄葉時期の杭全神社のイチョウ
杭全神社拝殿
杭全神社拝殿
名称 : 杭全神社のクス
所在地 : 大阪市平野区平野宮町2-1-67 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2005/5/4、2005/11/26 杭全神社マップ
指定 : 大阪府指定天然記念物 (S24年5月9日指定)
アクセス : JR大和路線・平野駅から南東に徒歩5分。
杭全(くまた)神社の拝殿の後方には国の重要文化財となっている第一殿、第二殿、第三殿からなる本殿があります。日本初代の征夷大将軍・坂上田村麻呂の子広野麻呂がこの地の開墾領主となり、その子・当道が貞観年間(862年)に祇園の牛頭天王(ごずてんのう)を氏神として勧請したのがはじまりという古社です。
 大阪府の天然記念物に指定された「杭全神社のクス」は参道から境内に入ったすぐ左手にあり、大きく枝を四方八方に広げています。主幹が折れたのを治療した跡が見えますが、堂々とした根の張り方です。
 拝殿左後方には大阪市保存樹に指定されたイチョウの巨樹があり、その他にも保存樹に指定されたクスノキが9本もあります。杭全神社はかっての平野郷の中心であり、先に紹介した「大念仏寺のクス」にも徒歩10分程度で行けます。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(善福寺のカヤ) (水越神社のスギ)
     
大阪府 クスノキ 新日本名木100選
     
No.71