(千葉県市川市) 更新:2007年4月(1)
(かつしか) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

葛飾八幡宮の千本イチョウ
千本イチョウ(千本公孫樹)の前にある説明板では、幹周/10.8m、樹高/22m、樹齢/1200年以上。
葛飾八幡宮の千本イチョウ
落雷のために折れた主幹を、たくさんの樹幹が囲んでいます。千本あるかのごとく。
葛飾八幡宮の千本イチョウ
折れた主幹が見えます。冬の陽を浴びた枝ばかりのイチョウもまたいいですね。
葛飾八幡宮の千本イチョウ

 ●(右上)葛飾八幡宮の本殿。
 (右下)千本公孫樹説明板
 ●(上)千本イチョウの全景。
葛飾八幡宮(市川市)
名称 : 葛飾八幡宮の千本イチョウ
所在地 : 千葉県市川市八幡4-2-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/1/16
指定 : 国指定天然記念物 (S6年2月20日指定)
      新日本名木100選
アクセス : JR総武本線・本八幡駅から徒歩5分。京成電鉄・京成八幡駅から徒歩3分。都営地下鉄・本八幡駅から徒歩5分。
葛飾八幡宮は、平安時代初期・寛平年間(889〜898)に宇多天皇の勅願により京都の石清水(いわしみず)八幡宮を分祀し建立され、下総国総鎮守として源頼朝・徳川家康など武家の信仰を集めました。祭神は誉田別命(応神天皇)、息長帯姫命(神功皇后)、玉依姫命の三神。
 千本イチョウは古くから八幡宮の御神木とされ、江戸名所図絵にもすでに名木として登場しています。千葉県最大のイチョウで、かっては全国でも7番目に太い幹周のイチョウでしたが、最近より太いイチョウの巨樹が見つかり、ベストテンから外れてしまいました。イチョウには小枝が多くあり、秋の黄葉の素晴らしさを思わせる枝ぶりです。
 「葛飾」(かつしか)はとても古い地名。かって中央公論社刊「日本の歴史」の中に正倉院古文書として「下総国葛飾郡大嶋郷」の奈良時代の戸籍を紹介していたことを思い出しました。市川市の中心部にこんな巨樹があるのも納得できます。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(大念仏寺の楠) (藤白神社のクスノキ群)
     
千葉県  イチョウ   新日本名木100選
     
No.66