青蓮院の楠  (京都市東山区) 更新:2004年7月
(しょうれんいん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

青蓮院の楠_1
京都市東山区・青蓮院の大楠(幹周/5.94m、樹高/26m)。青蓮院の白壁をバックに大きく枝を広げています。※
青蓮院の楠_1
青蓮院入口の右手、長屋門の左手にある大楠。
青蓮院の楠_2
青蓮院門前の大楠。神宮道に沿ってあり、魔物のような枝振りが特徴です。※
青蓮院の楠_2
五本の大楠は、青蓮院が現地に移転した13世紀以降に植採されたものと右下の説明板にあります。
青蓮院の楠
神宮道に面して立つ北側のクス。
青蓮院の楠4
神宮道に面して立つ南側のクス。
青蓮院の楠4 青蓮院の楠5
神宮道に面して立つ南側のクス。 青蓮院境内の庭園にある楠。※
名称 : 青蓮院の楠
所在地 : 京都市東山区粟田口三条坊町69番地の1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2003/4/6※、 2010/4/3 青蓮院マップ
指定 : 京都市指定天然記念物 (H10年4月1日指定、クスノキ5本)
アクセス : 市営地下鉄東西線・東山駅から徒歩3分
門跡寺院であり、国宝・青不動で有名な天台宗の寺院・青蓮院(しょうれんいん)にある五本の楠の巨樹です。いずれも京都市の天然記念物に指定されています。長屋門の白壁・板塀と楠の緑が美しい京の風景を作ります。
 青蓮院の門がある神宮道は、平安神宮から知恩院、円山公園、八坂神社へと続く京都観光のメインロードで、週末はいつも人と車で一杯です。
 醍醐寺の桜、春日大社の砂ずりの藤、城北菖蒲園の花菖蒲と色鮮やかな花ばかりの紹介が続きましたが、今月はクスノキです。一見地味ですが、樹齢何百年、何千年の巨樹は非常に大切な存在です。自然環境の大切さを考える意味でも各地に残る貴重な自然遺産・巨樹を写していきたいと思っています。
 青蓮院前を南に200m、知恩院の三門前には同じく京都市の天然記念物に指定されている「知恩院のムクロジ」があります。「円山公園の枝垂れ桜」にも近く四季を問わず青蓮院周辺は京都観光のメッカです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(城北菖蒲園の花菖蒲−3) (大山祇神社の楠)
     
京都府 クスノキ 新日本名木100選
     
No.6