(京都市右京区) 更新:2018年4月(2)
(さのとうえもん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

彬姫
【彬姫】(あきひめ) 三笠宮家・彬子様がご来場されたとき、初めて咲いたことから「彬姫」と名付けられたそうです。(拡大
彬姫
【彬姫】 3月24日ですからほとんどの桜はまだ蕾ですが、「彬姫」と右に見える「台湾緋桜」は満開です。
冬桜
【冬桜】(ふゆざくら) オオシマザクラとマメザクラの種間雑種と考えられています。「小葉桜」とも呼ばれ、江戸後期から栽培されています。(拡大
台湾緋桜
【台湾緋桜】(たいわんひざくら) 台湾・中国が原産の桜で、寒緋桜(カンヒザクラ)とも呼ばれます。沖縄で多く見られます。(拡大
丁字
【丁字】(ちょうじ) 原種のサクラで、本州太平洋岸と九州に分布します。花弁は5枚で、和名の由来は長さ1cm程の筒型の萼筒(がくとう)と、より短い花弁の形を「丁字」に見立てたことから。(拡大
アーコレード
【アーコレード】 英国でオオヤマザクラとコヒガンの交配により育成された品種です。英国での開花期は春ですが、日本では春と秋の二季咲きとなっています。(拡大
近畿豆桜
【近畿豆桜】(きんきまめざくら) マメザクラの変種とされていますが、萼筒が7~10mmと細長い筒型なので区別ができます。花弁は5枚で、樹高は4m程度の低木。
十六夜
【十六夜】(いざよい) ヤマザクラの園芸品種で早咲きです。花弁数5枚の一重の桜。
河津
【河津】(かわづ) カンヒザクラとオオシマザクラの種間雑種と考えられる栽培品種です。花弁は淡紅色で5枚。静岡県河津町に原木があり、8000本以上が増殖されて、早春の河津町を彩る観光資源となっています。
弥彦
【弥彦】(やひこ)※ 大阪造幣局の桜の通り抜けのパンフレットでは「新潟県弥彦神社にある菊桜系で、花弁数100枚程度あり、二段咲きする。」とあります。
塩釜桜
【塩釜桜】(しおがまざくら)※ 宮城県塩竃市の塩竈神社に原木があった。江戸時代から知られた名木。(拡大
花染衣
【花染井】(はなぞめい)※ 大阪造幣局の桜の通り抜けにもある桜です。通り抜けの説明には北海道松前町で育成された桜で、花は淡紅色の八重咲きとありますが一重のようですね。
御信
【御信】(ごしん)※ 佐野藤右衛門氏が作出し、真宗本願寺派第22世法主の大谷光端師が命名したヤマザクラ系の品種です。日吉桜と似ています。
名称 : 佐野藤右衛門邸の桜(2)
所在地 : 京都市右京区山越中町13 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2018/3/24、※2016/4/12撮影 佐野藤右衛門邸マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR京都駅から市バス26系統「山越」行き、又は75系統「山越中町」行きで「山越中町」下車、北西に徒歩約300m。駐車場はありませんので、バスで行くようにして下さい。
2016年に「佐野藤右衛門邸の桜」を紹介しましたが、今年はもっと早い時期の桜を写しに3月下旬に訪問しました。写しているとちょうど佐野藤右衛門さんが桜の状況を見にやってこられました。軽く挨拶をしただけでしたが、お元気そうでした。
 早咲きの桜は少ないので、2016年に訪問したときの桜も追加しました。最近は関西のテレビに桜守としてよく出られていますね。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(印空寺のタラヨウ) (造幣局の桜の通り抜け8)
     
京都府  サクラ   新日本名木100選
   
No.1577