(京都府船井郡京丹波町)
(さかはらあじょうさんしょ) 更新:2013年11月(3)
  巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

坂原阿上三所神社のケヤキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、ケヤキは幹周/6.70m、樹高/19m、樹齢/推定700年。
坂原阿上三所神社のケヤキ
ケヤキにはこれも四大巨木の一つのフジが絡まっています。
坂原阿上三所神社のケヤキ
ケヤキの右側に「坂原阿上三所神社の四大巨木(ケヤキ)」の標柱が立っています。
坂原阿上三所神社のイチイガシ
イチイガシの巨樹で四大巨木の一つ。神社への石段下の右手にそびえています。
坂原阿上三所神社のケヤキ2
この巨樹もケヤキ。境内の南西端にあります。
坂原阿上三所神社 坂原阿上三所神社社殿
 本殿、拝殿共に京都府の
 文化財に指定。
名称 : 坂原阿上三所神社のケヤキ
所在地 : 京都府船井郡京丹波町坂原森ノ脇22 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/7/20 坂原阿上三所神社マップ
指定 : 京丹波町指定天然記念物 (H22年2月5日月指定)
アクセス : JR山陰本線・和知駅から北に約1km。 【車】国道27号線坂原交差点を北に、由良川を渡り脇道を登る。近くの道の駅・和(なごみ)に停めて歩いても10分ほどです。
近年境内の巨樹4本が京丹波町の天然記念物に指定され、指定名称は「坂原阿上三所神社の四大巨木」となっています。四大巨木の内訳は、ケヤキが2本とイチイガシが1本、フジが1本がです。でも鳥居横のフジが巻き付いたケヤキが最も大きいので、このページの表題は「坂原阿上三所神社のケヤキ」にしました。
 ところでこの周辺(旧和知町内)には、阿上三所神社(あじょうさんしょじんじゃ)という神社が4か所もあります。元は一カ所だったものを分霊したもので、この坂原阿上三所神社の祭神は、伊佐那岐尊、伊佐那美尊、国常立尊(くにのとこたちのかみ)です。南北朝時代の観応元年(1350年)の創始と伝えます。
 ちょうど神社の方がおられたのでお話を伺うことができました。ケヤキは何度も雷に打たれたそうで、大きな空洞が根元から空き、地上4mほどで主幹がなくなって、大枝一本で生きています。まさに瀕死の状況ですが、それでも葉がたくさんあるのでしばらくは大丈夫かと。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(祥雲寺 霊木の檜)  (正覚寺のムクの木)
     
京都府 ケヤキ 新日本名木100選
     
No.686