(京都府福知山市) 更新:2013年6月(1)
(いくの) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

生野神社のケヤキ
環境省巨樹巨木林DBでは、幹周/5.33m、樹高/19.0m。福知山市の名木にも選ばれています。
生野神社のケヤキ
ケヤキの前の市が立てた標柱では、胸高幹周/5.83m、根元幹周/7.13m、樹齢/約600年。
生野神社のケヤキ
主幹の根元部には空洞があります。
生野神社のケヤキ
春まだ浅くケヤキの葉はまだ小さい。
生野神社のケヤキ 拝殿と本殿
名称 : 生野神社のケヤキ
所在地 : 京都府福知山市三俣541 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/4/13 生野神社マップ
指定 : 福知山市指定天然記念物 (H13年9月27日指定)
アクセス : JR山陰本線・福知山駅から、JRバスの園部方面行きに乗り「丹波三俣」下車、北東に200m。 【車】舞鶴若狭自動車道・福知山ICより国道9号線を南東に約5km。
福知山市内に四座ある延喜式内社での一つで、祭神として「天鈿女命」(あめのうづめのみこと)を祀ります。誰もが一度は学校で習ったり、カルタで親しんだ小倉百人一首の中でも有名な一首、小式部内侍の歌「大江山 いく野の道の 遠ければ まだ文も見ず 天のはし立」に出てくる「いく野」(生野)の集落内に神社はあります。
 説明板によれば、鎌倉時代から江戸末期までは、御幣神社(みてぐらはん)と称していたそうです。これは、綾部藩主九鬼氏が生野に倉庫を建て、上納米を取立てていたが、毎年当神社へ御供米を奉献していたので、御幣(みてぐら)と呼ぶようになったということです。祭神が天鈿女命ということで、歌舞音曲の上達や旅行道中交通安全などの神様として有名です。
 ケヤキは社殿に向かって右側にそびえており、根元部には大きな空洞があります。訪問したのは春先で、桜がちょうど見頃でしたが、ケヤキの若葉には少し早かったようです。
 小式部内侍(こしきぶのないし)は、これまた有名な歌人・和泉式部の娘で、この歌は母が父の任地丹後に行っているとき、歌合わせの席で即興で作ったもので、偽作疑惑を打ち破った名作として、この後には物語にもなっています。生野は丹後に通じる道にある集落で、「いく野」いう集落名と「行く」という行動が掛けられています。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(大原の大イチョウ) (大神宮のかごの木、むくの木)
     
京都府 ケヤキ 新日本名木100選
     
No.624