(京都府南丹市) 更新:2009年10月(2)
(あまびきはちまん) 巨樹と花のページ・トップ 都道府県別リスト  樹種別リスト

天引八幡神社の大椋
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/9. 13m、樹高/31m。社殿を背後に立つ大椋。
天引八幡神社の大ムク
天引八幡神社の大ムク
大ムクの東側(左奥)は広いグランドになっています。根元には腐朽が見られます。
天引八幡神社の大ムク 天引八幡神社の大ムク
名称 : 天引八幡神社の大ムク
所在地 : 京都府南丹市園部町天引北山28 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2009/9/21 天引八幡神社マップ
指定 : なし(旧園部町の風致林に指定)
アクセス : JR園部駅から京阪京都交通バス・福住行きで「るり渓口」下車すぐ。【車】京都縦貫道・亀岡ICから国道372号線を篠山方面へ、天引トンネル手前の道路沿いにあり。
天引八幡神社は、南北朝時代の文和3年(1354年)に建立された天引集落の鎮守です。国道372号線沿いですから車でもすぐに場所が分かります。大椋は社殿の東側(向かって右側)にあり、広いグランドに面して立っています。
 かってはケヤキとされていましたが、2002年4月に全国巨樹・巨木林の会のメンバーの方々によりムクノキであることが確認されました。ムクノキでは兵庫県佐用町の「三日月の大ムク」、三重県津市の「椋本の大ムク」に次ぐものと思われます。主幹下部に若干の腐朽が見られますが、写真のように枝葉をいっぱいに繁らせており、ムクの巨樹が弱りつつある中、これからもがんばって欲しいものです。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(小原の大イチョウ) (薬師の大イチョウ)
     
京都府  ムクノキ   新日本名木100選
     
No.280