(滋賀県米原市) 更新:2017年1月(17)
(しおりはちまん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

枝折八幡神社のスギ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5.50m、樹高/28m。 幹周実測値/5.83m。
枝折八幡神社のスギ
神明神社の鳥居右前にそびえています。
枝折八幡神社のスギ
地上8mほどまでは枝が切られており、10m以上からしか葉がありません。
枝折八幡神社のスギ
道路沿いに1本だけそびえています。
枝折八幡神社社殿 枝折八幡神社
 社殿。
天神水 名水「天神水」
天神水 名水「天神水」
天神水説明板 名水「天神水」
名称 : 枝折八幡神社のスギ
所在地 : 滋賀県米原市枝折566 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/11/3 枝折八幡神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR東海道本線・醒ヶ井駅から約1km。 【車】北陸道・米原ICから国道21号を東に2.3km、「醒ヶ井駅前」を右折し県道17号を400m、河南小学校前を左折し500m。天神水に駐車場があります。
醒ヶ井の駅前から南に1km足らずの所に、枝折八幡神社のスギと名水・天神水があります。枝折八幡神社の角の三叉路を左折して100mも行くと天神水の駐車場があるので車を停めて八幡神社に向かいます。
 スギは鳥居のそばにあり、石柵との狭い空間に立っています。下枝も切られており、枝葉は10m以上上の部分に限られています。八幡神社の祭神は誉田別尊 (ほむだわけのみこと=応神天皇)です。正中年間(1324-26)、京極氏の旗下で土肥六郎兵衛尉正光が、足利尊氏の命により、鎌倉八幡宮より分霊を枝折迎山に勧請したものといいます。
 神社からすぐの場所には名水「天神水」があります。案内表示があるのですぐに分かります。このあたりは関西でも有数の湧水地帯で特に醒ヶ井(さめがい)は有名です。鈴鹿山系の北部は石灰地層が多く雨水の多くは伏流し、その地下水は長い年月を経て麓で湧水となって湧き出します。天神水は集落内を流れる枝折川の源流で、今でも生活用水農業用水として不可欠な存在です。池畔には菅原道真公を祀っていることから「天神水」と呼ばれています。
 醒ヶ井には「国の天然記念物「了徳寺のオハツキイチョウ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(物部神社のムクノキ) (西円寺のモッコク)
     
滋賀県  ス ギ   新日本名木100選
   
No.1395