(三重県津市) 更新:2017年1月(16)
(もののべ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

物部神社のムクノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、最大樹が幹周/3.80m、樹高/25m。幹周実測値/3.98m。
物部神社のムクノキ
環境省巨樹巨木林DBでは「エノキ」ですが、「みえの樹木百選」ではムクノキとなっています。
物部神社のムクノキ
西日のせいで、陽が当たっているところが白く飛んでしまいました。
物部神社のムクノキ2
これは近鉄の線路に近いムクノキ。幹周実測値/3.50m。
物部神社社殿 物部神社拝殿
名称 : 物部神社のムクノキ
所在地 : 三重県津市新家町563 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/10/27 物部神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 【車】伊勢道・一志嬉野ICから北に150mで右折し県道145号を1.3km、「天花寺町」交差点を左折し県道58-24号を北に3.2km、「須賀瀬大橋北詰」を右折し県道697号を2km、左折し500m。駐車場があります。
物部神社は雲出川東岸に近く、神社のすぐ西側を近鉄名古屋線が走ります。ムクノキの樹林と知り訪問したのですが、幹周が4mを超すような巨樹は見当たりませんでした。ちょっと残念な結果です。
 物部神社は宇麻志摩遲命(うましまじのみこと)などを祀ります。宇麻志摩遲命は饒速日命(にぎはやひのみこと)の子で、物部(もののべ)氏、穂積(ほづみ)氏、采女(うねめ)氏の祖先です。
 往古このあたりは深い森で、「天王森」と呼ばれていたそうです。今でも幹周が3mを超えるムクの大木が10本以上もあるそうです。そのうち大きい2本を写真で紹介しました。神社名を刻んだ石柱の後方のムクノキが最大と思われ、幹にはしめ縄が巻かれていました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(神服織機殿神社のクスノキ) (枝折八幡神社のスギ)
     
三重県  ムクノキ   新日本名木100選
   
No.1394