(滋賀県長浜市) 更新:2018年9月(16)
(ひえ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

日枝神社のケヤキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/4. 50m、樹高/10m。 幹周実測値/5. 12m。
日枝神社のケヤキ
保存指定樹木の標識では、幹周/4. 50m、樹高/10m、樹齢/800年。
日枝神社のケヤキ
ケヤキの根元。瘤があり、空洞もあります。
日枝神社のケヤキ
宮司町のケヤキ
宮司町のケヤキ】 日枝神社の南隣、小川を隔ててあるケヤキで、市の保存樹木に指定されています。
日枝神社のケヤキ標識 宮司町のケヤキ標識
日枝神社のケヤキの市保存樹木標識 「宮司町のケヤキ」の標識
日枝神社由緒
日枝神社の由緒
日枝神社拝殿・本殿 日枝神社の拝殿・本殿
名称 : 日枝神社のケヤキ
所在地 : 滋賀県長浜市宮司町469-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2018/6/1 日枝神社マップ
指定 : 長浜市保存指定樹木 (S53年4月1日指定)
アクセス : 【車】北陸道・長浜ICから県道37号を西に400m、「山階町」を左折し県道510号を1.3km、「宮司町」を左折し150m、右折し100m。
日枝神社は長浜市役所に近く、市の中心部にあります。由緒書きによれば、天平11年(737年)、真言宗総持寺の守護神として、天津児屋根命を勧請し、永久元年(1113年)、大山咋命を祀りました。以後山王宮と称し、宮川など七ヶ村の惣社として祭礼は共同で施行してきたそうです。
 元禄11年(1698年)、堀田正休が一万石で当地に入封し、宮川陣屋を設けました。その孫の正陳は、三千石を加増され、享保6年には、社殿を造改築して領内繁栄を祈願した棟札がああるそうです。
 ケヤキは日枝神社境内の南西端にあり、市の保存指定樹木になっています。ケヤキには大きな空洞があり、主幹は途中で折れていますが、幹下部には瘤がいくつもあり、なかなか見栄えのするケヤキます。また、道路と小川を隔てた民家の前には市の保存指定樹木のケヤキがあります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(流岡神社跡のスギ) (宮部神社のケヤキ)
     
滋賀県  ケヤキ   新日本名木100選
   
No.1701